HERO

 昨日、二子玉川まで行って、映画を観てきました。

 この夏は、観たい映画が多いですねえ。

 まずは、公開から1か月近くたった、この映画。

hero1-1.jpg 

 フジテレビ系のエンターテイメントですね。

hero2-2.jpg hero3-1.jpg

 ですが、松たか子さんのファンですので、それだけで楽しかったです。

 あきらめない姿勢は参考になります。

マエストロ!

150208001.jpg 150208002.jpg
 
 2月8日、2月振りくらいに、邦画を観てきました。1月は、韓国映画1本のみ鑑賞。

 「マエストロ!」です。

 合唱を趣味とするmanabeeですので、オケ物とかには、それなりに興味があります。

 プロの音楽家って、なかなか大変で、札幌交響楽団のほうも、それなりに大変でしょう!

 ですが、言葉は通じなくても音楽は通じたりしますし、なくても死なないかもしれないですが、生きていると実感するためには、なくてはならないもののように思っています。

 実際の演奏は、佐渡裕指揮のベルリン・ドイツ交響楽団らしいですが、映画館で聴いても、素晴らしい演奏でした。

 一度は「生」で聴いて、損ないなあ、と感じましたねえ。聴いてみたい・・・。

150131img001.jpg 150131img003.jpg 150131img004.jpg 150131img002.jpg
 
 なかなか楽しい映画でした。




想いのこし

141124006.jpg 141124007.jpg

 またしても、一人で邦画を観てきました。

 「想いのこし」という作品で、「彼女との上手な別れ方」という書店員が大絶賛する小説が原作のようです。

 涙線の弱いmanabeeは、当然のように、涙してしまいました・・・。

トワイライト ~ ささら さや

 いい映画に出会いました。

 私は、ハート・ウォーミングな映画が好きですね。何気ない日常に、人としてのぬくもりが感じられるような・・・。本当は、どろどろしているのかもしれない人間ですが、捨てたもんではない、というようなかんじですかね。

141128003.jpg 

 原作は、加藤朋子さんの「ささら さや」で、10年以上前のベストセラーのようです。実は、知らない。趣味は、読書ではないなあ、と痛感します。普段は、小説を本当に読まないなあ、とちょっとさびしくもなります。

 昔(って、小学生から高校生まで)は、父親の影響で、家にあった「世界文学全集」や「日本文学全集」を読んだり、図書館から、伝記、小学生向けの、怪盗二十面相(江戸川乱歩物)、ルパン物やホームズ物を借りてきて、読みまくったり、中学では、横溝正史や森村誠一、松本清張などの推理物の文庫にはまったり、高校のころは、新潮文庫の100冊を読破したり、と、家は裕福でもなく、両親も共働きみたいなかんじだったし、兄弟とは年が離れているので一緒にも遊べず、趣味は、”読書”だったのですが・・・。

 そのせいで、小学校5年生あたりから、極度の近視になって、乱視も加わり、40歳あたりからは、さらに老眼が入ってきて、もう、読書はかなりきつくなってきました・・・。

 でも、原作も読んでみたくなりました!

141128004.jpg 

 大学生からは、映画ですかねえ。1年生のときは、やはり少し暇だったので、記憶では、映画を年に50本以上は、映画館で見てました。TVの映画を含めれば、年に100本以上、おそらくは、150本くらいは見ていた計算になります。

 毎週見る連続ドラマは、録画の機械なんて持っていなかったので、定期的に見るのがつらいため、あまり好きではなく、2時間ほどで、いったんは完結する、やはり映画だったのでしょう。

 さらに、考えが、結構、古風なので、好きなのは邦画。日本人だと痛感します。日本らしい風景が大好きです。

141130015.jpg

 本作の監督は、深川栄洋さん。最近では、かなり大好きな映画である、「神様のカルテ」の監督さんでした。いいなあ。

 さらに、新垣結衣ちゃんは、かわいいです。「ハナミズキ」の演技で好きになりましたが、いいなあ。

141130016.jpg

 健さんがお亡くなりになりましたが、「幸せの黄色いハンカチ」、「駅」、「居酒屋兆次」もいいなあ。

 映画のパンフレットを購入するのも、結構好きです。

141130014.jpg 

 日本テレビ系がからんでいるので、そう遠くない時期に、TVでも流れると思いますので、もう一度、見ましょうかね!

情愛中毒


141124010.jpg

 ぼこちゃんのたっての希望で、またまた、韓国映画を観てきました。

 私は、正直、ドロドロしている不倫が内容のようなので、それほど見たくはなかった映画です。


141124011.jpg 

 愛してしまうと、どうしようもない、という、激しい愛のサガを描いたもので、さすがに、これは泣けませんでした。

 日本でいえば、失楽園みたいなかんじでしょうか?二人で地獄には落ちないで、男だけが死んでしまいますが・・・。

 なかなか激しいですねえ。

レッド・ファミリー

141116008.jpg

 韓国ドラマと映画好きのぼこちゃんにつきあって、先週、またまた、韓国映画を観てきました。

 「レッド・ファミリー」という映画。第26回東京映画祭に出品し、観客賞を受賞したようです。

141116img009.jpg 

 ファミリーの振りをする、北朝鮮のスパイたち。本当の家族が北朝鮮で人質になっており、やむなく工作員をやっているのですが、皆、苦しそう!せつなさの中で、本当の家族のようになっていく。

 なかなか考えさせられる映画でした。秀作です

ふしぎな岬の物語


 昨日も映画を観てきました。ユナイテッドシネマ札幌で。

141025003.jpg

 作品は、「ふしぎな岬の物語」。吉永小百合さんが、監督、成島出と共同で初プロデュースした映画です。お二人が出会ったのが、実在する喫茶店をベースに綴られた小説「虹の岬の喫茶店」だそうです。


 141025004.jpg
 

 私は、超涙もろいので、かなり泣いてしまいました。ほっこりと温かい、ちょっと心が痛くなりながらも、幸せな時間が流れていきます。

 一人の寂しさを知っている登場人物の皆さんが、30年という年月を過ごし、挫折を味わいながらも、新しく、温かい、次の人生に進んでいく、という展開かなあ。

 岬と一緒に描かれた虹の絵が大切な役割を果たしています。登場人物一人一人に、意味と役割があるような気がしました。

 大スペクタクルもいいですし、アクション物もいいですが、私は、ゆったり、ほっこりとした、健さんや小百合さんが作りだす、日本映画の世界が好きですねえ。

ぶどうのなみだ

141018008.jpg 141018009.jpg

 先週土曜日、イオンシネマ小樽で、映画を観てきました。

 北海道のワイナリーを舞台にした「ぶどうのなみだ」です。

 北海道ロケ、大泉洋出演とあっては、観ないわけにはいかないでしょ!

1410180122.jpg

1410180121.jpg

141018013.jpg 

 女性監督の作品。

 「しあわせのパン」の監督のようです。あれから、2年。

 たんたんと進むかんじや風景がどこか日本離れしています。

 なんとなく、フランス映画の雰囲気を感じてしまうのは、私だけでしょうか!

 
 映画はイイですねえ!月に1回以上は観ているかんじです。最近は、毎週かも(笑)

1410120841.jpg 

 
 イオンシネマ小樽では、撮影に使った小道具が展示されてました。

テロ,ライブ

  3連休の最終日、13日も映画鑑賞。

 韓国映画「テロ,ライブ」です。

141013005.jpg 

 ライブというだけあって、息もつかせぬ展開で、ぼこちゃんも、寝る暇がなかったようです。

 私も、かなり面白かったです。


141013006.jpg

 ただ、爆弾犯も、キャスターも、キャスターの元奥さまも死んでしまいます。大統領は生き残り、TV局の幹部も生き残る。

 そこらへんは、庶民の寂しさを感じざるを得ません。ちょっと虚しいかんじもありますねえ。

 日本の首相も、政治家も、マスコミの幹部も、そういった人たちばかりなんだろうなあ、と思ってしまいますね!

 正直者は、損をする、っていう、後味でしたね。監督は、アンチテーゼだったのでしょうが・・・。

ザ・テノール 真実の物語

141012001.jpg 

 3連休の中日である12日、ぼこちゃんと一緒に、映画鑑賞です。

 「ザ・テノール 真実の物語」。

 場所は、サツエキの札幌シネマフロンティア。でしか上映されていないかと・・・。

141012002.jpg

 主人公のテノール歌手とは比べ物にはなりませんが、いちおう、私も、合唱団のテノールの端くれですので、思い入れは格別でありました。

 そんなことってあるんだなあ、と信じられない気持ちで、泣きました!

 「涙は心の汗」。物語に入り込んでしまうタイプなので、人より多く泣いてしまいますねえ。

 ベー・チェチョルさんのCDを聴いてみたないと思いましたね!




【韓国映画】監視者たち

140920001.jpg

 本日、ぼこちゃんと一緒に、韓国映画を観てきました。

 邦題は、「監視者たち」。韓国警察内の特殊組織、監視班と姿なき完全犯罪組織との戦いを描いてました。

 私は、割と好きな分野で、なかなかおもしろかったですが、ぼこちゃんは、途中、寝てました!

 ぼこちゃんがファンのチョン・ウソンが出ているのですがねえ。まあ、いつものことですが・・・。


 140920002.jpg

 影のある知的犯罪者にチョン・ウソン。組織を抜けたくても抜けられない、苦しさも感じ取れます。

 驚異的な記憶力の女性警察官に、ハン・ヒョジョ。日本では、「トンイ」のヒロイン、あるいは、覚えている人には、「春のワルツ」のウニョン役(やはりヒロインだな!)の彼女です。

 とても、かわいい方ですねえ。


マイ・リトル・ヒーロー

 韓国映画を観てきました。

 「マイ・リトル・ヒーロー」という映画でした。なんと、札幌では、一週間の限定上映でした。

140518002.jpg

 札幌で映画を観るのは、約1カ月ぶり。この週末は、めずらしくイベントがなく、ぼこちゃんとずっと一緒に過ごすことができましたので、映画にもお付き合いしたところです。


 140518003.jpg

 予告編のときから、きっとない泣いちゃうだろうなあ、と思っていましたが、やっぱり、”うるっ”ときてしまいました。

怪しい彼女


 7月中ごろ、韓国映画を観てきました。

 「怪しい彼女」という邦題です。

140518004.jpg

 おばあちゃんが、突然若返り、孫と一緒に、アイドルみたいなかんじになっていく、というもの。

 140518005.jpg

 家族を扱う、いかにも、韓国映画ってかんじの展開ですが、笑えて、ほろっとするところも多く、面白かったです。

 若返ったほうの彼女を演じる女優さんの演技はうまいですねえ。おばあちゃんかと思いました。

GODZILLAがステラプレイスに登場!

 日本名は「ゴジラ」、米国では「GODZILLA」。

 映画と競馬?のPRで、ステラプレイスに現れた!

1407200436.jpg

 まずは、「GODZILLA」。

1407200437.jpg

 そして、平成のJAPAN、ゴジラ。

 やはり、ゴジラのほうが好きだなあ。根っからの日本人か・・・。

0725img010.jpg

 面白そうな気もしますが、時間がないような気もします。1年後くらいに、TVで観るか。

 0725img012.jpg  

 先日、TVで、「ゴジラ」のデジタルリマスター版が放送されており、観てしまいました。

 特撮は、今の技術では、ちゃっちいですが、でも、ハートがある映画だったなあ。

晴天の霹靂

 誕生日記念ということで、コーラス・フェスティバルに出演した後、定山渓温泉に一泊してきました。

 ”おまかせ会席”の料理に舌鼓を打ち、息子から誕生日プレゼントされた日本酒を味わい、大好きな温泉に癒されて、リフレッシュできました。

 料理と日本酒の報告は、次回に。


140524014.jpg 

 定山渓温泉を後にし、小樽方面に峠を越えました。

 それなりに時間をつぶし、またまた、小樽イオンシネマで、映画鑑賞。ぼこちゃんと二人で楽しむということになりますと、映画を観て、どこかで外食というパターンが多いですねえ。

140524015.jpg

 観たのは、「晴天の霹靂(へきれき)」。 「劇団ひとり」さんが、原作、脚本、原作、そして、出演している映画です。

 北海道の俳優、大泉洋が出演しているので、観てみたかったものです。
 
 ばかばかしい笑いの中に、ほっこりとした暖かさが・・・。私が好きなパターンです。
 
 全国的にヒットしたのかどうかはしりません。

 私は、「泣くだろうなあ」と思っていましたが、予想通り、泣けました!心の汗です。

テルマエ・ロマエ2

 観に行くのを楽しみにしていた映画があります。

 「テルマエ・ロマエ2」です。4月26日、「よい風呂の日」に、全国ロードショーがスタートしました!

140517005.jpg 140517007.jpg

 私が観たのは、いろいろありまして、6月8日。ようやくってかんじです。

140608001.jpg 140608004.jpg

 ぼこちゃんは、また、ガラクタが増えた!と悲しいことを言いますが、映画のパンフレットは結構買います。あとから、思いだして、感慨にふけることができます。

140608002.jpg 140608003.jpg

 濃い顔の古代ローマ人たちと平たい顔族の日本人。ありえないような、ばかばかしい話ですが、なかなか面白い。原作のコミックスも全巻持っているmanabeeであります。

そこのみにて光輝く

 函館は、異国の香りがしながら、北海道の港町という土地柄からか、暗く、寒く、寂しい、かんじがします。

 都会的なかんじが、横浜、神戸あたりとまったく違うところであり、また、東アジアを意識する福岡や長崎などで感じる感覚と違うところです。

 140525004.jpg

 そんな函館出身の佐藤泰志が、唯一、そして、最後に書いた作品が「そこのみにて光輝く」です。

 その作品が映画化されて、新たな光が当たっているようです。文庫本は品薄になっていたようですが、再版されたのか、映画館で販売されてました。

140525002.jpg 

 そんな文庫本の新庫でしょうか、ネットで定価より高く購入していましたが、まだ読んでません。

 140525001.jpg

 佐藤泰志は私の12歳年上。生きていれば、65歳くらいですが、41歳で自らの命を絶っています。

 私が函館を離れた昭和56年頃は、函館に帰ってきていたようで、私の実家の近くの職業訓練校に通っていたという話も。実家近くの道ですれ違っていたかもしれません。

140525003.jpg 

 映画は、アングラですねえ。函館のシネマアイリス、あるいは、札幌のシアターキノなどで上映されてました。

 なんとなく、高倉健さんの「居酒屋兆治」を思いだしました。 やはり、重く暗く、物悲しい。

 いい映画だったと思います。映画らしい映画。TVで放映されるようなメジャーどころではないかと思いますが・・・。

結婚前夜 マリッジブルー

 先週の土曜日、そして、日曜日は、2日続けて、韓国映画を観てきました。

 日曜日に、デオディノスで観たのが、「結婚前夜 マリッジブルー」という映画でした。 

140518000.jpg 

 結婚を一週間後くらいに控えた4組のカップルの話が微妙に関連しながら進んでいきます。

 8年間同棲してきたlカップルは、長く付き合ったから結婚しよう、みたいなかんじでしたが、運命的な出会いがあり、女性が別な男性と結ばれていきます。 

140518001.jpg

 いかにも、韓流らしい、ラブ・コメディーで、それなりに楽しかったです。

 土曜日に、ユナイテッドシネマ札幌で観たのが、「Mimi劇場版~前篇」です。

 TVドラマで人気だったのかと思いますが、なかなか難しいです。

 わかったようなかんじで、わからないような・・・。本日、19時から、後篇を観ます。

 後篇も観るとわかるのですかね・・・。

続きを読む

神様のカルテ2

 最近、また、劇場で映画をよく見ています。

 横長の大きな画面で、ほかのことを考えず、集中して観れるのはいいですねえ。

140427026.jpg 
 

「神様のカルテ2」という映画でした。

 医療の現場でおきる、3組の夫婦の物語。考えさせられます。

140427027.jpg 

 松本市に興味を持ったのがきっかけで、原作と出会い、映画第2作目が制作されているということを知り、公開をずっと待っていた映画でした。

 原作は、「3」まで発表されています。


140427028.jpg 


 とっつきやすく、漫画にもなってまして、それも購入して読んでしまいました。

 次は、「3」ですね!

【映画】ワン・チャンス

 先日、映画を観てきました。

140413001.jpg

 趣味は、合唱、コンサドーレ観戦ですが、カミさんと二人で楽しめるのは、最近は、映画です。

 もう二人だけの生活が8年目に入りましたので、映画の後は、何か外食というのが定番です。

140413003.jpg 140413004_201404290939307cd.jpg 

 映画「ワン・チャンス」ですが、2007年に衝撃デビューを果たした、オペラ歌手?「ポール・ポッツ」の実話。

 冴えない、いじめられっ子で、アガリ症の彼が、イギリスの国民的オーディション番組で初代チャンピオンに輝いて、CDデビューを果たす。

 ウソみたいに、喜劇のような悲劇が、次々と彼の身に降りかかり、思わず笑ってしまうくらいですが、彼女にも支えられて、夢をつかむサクセス・ストーリィーには涙してしまいました。

140413002.jpg

 50歳をすぎ、超涙もろいのですが、最近は、涙を隠さないようにしてます。

 「涙は心の汗だ。」なんて歌詞もありますが、感動して泣くと、心がすっきりする気がしてます。
プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる