スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エル・カホン

 コンサドーレ札幌のサポーターでもあります、城さんの店。「エル・カホン」。

 カホンは、打楽器の一種だそうで、城さんは、打楽器奏者と聞いてます。ギターとかもやられるようですが・・・。

 2次会あたりで、楽しく利用させてもらっております。

IMG_132447842502675.jpeg IMG_132451664965669.jpeg

 店の壁が変わりました!コンサ一色で、いいかんじです。

DSC_1379.jpg 

 先日、ビーストキッチンの後、2次会で、おじゃましました。いつもはあまり飲まない、芋焼酎をゆっくり飲ませていただきました。
スポンサーサイト

ボジョレー・ヌーボー

 普段は、あまりワインを飲まないmanabee。さらに、ボジョレー・ヌーボーもめったには飲まないアマノジャクでありますが、今年は、一本買ってみました。

 ビックカメラで4種類を試飲して、決めました!

1411221132.jpg 1411221133.jpg

 ビックカメラで、2,500円オーバーでしたので、思い切ってみましたが、これは試飲通り、美味しかったです。

 お酒をほとんど飲めない、ぼこちゃんも気に入ってくれたようです。

14112211281.jpg 
21411221130.jpg 
1411221129.jpg 

 ゴスペルのコンサートが終わった後、家で打上げということで、ワインを私のこづかいで買っておきましたので、スーパーで、ナッツやドライサラミ、チーズなどを買い込んでみました。

 一応、いい夫婦の日。家族サービスですね!

オータムフェストでニッカバー

 10月から、ニッカウイスキーの創業者である竹鶴政孝さんとスコットランド人のリタさん(奥さま)をモデルにした、「マッサン」がNHKの朝のテレビ小説で放映されています。

 私も、何度か訪れたことがある、北海道、余市のニッカウイスキー工場。札幌からでも、結構遠いですが、思い出もいろいろあります。

1409220761.jpg  

 画像を整理していたら、出てきましたので、「マッサン」つながりでUPしましょう!

 3カ月ほども前、9月22日のようですが、オータムフェストの大通公園7丁目会場に出展していた「竹鶴 MUSEUM BAR」に立ち寄りました。

1409220760.jpg

 ニッカウヰスキー(株)の創業80周年を記念してピュアモルトウィスキー「竹鶴」ブランドのオフィシャルバーが北海道に初オープンしたものです。

1409220764.jpg 1409220762.jpg

 ピュアモルトウイスキーの「竹鶴」がフルラインナップしてまして、ショットで楽しめました。

 25年物、15ミリリットルで3,000円を飲んでみたかったですが、そこまでお金もないので、21年物、30ミリリットルで、1、400円を飲んでみました、これでも結構太っ腹です。

 デブ、という意味ではありません。念のため。

1409220763.jpg 

 ナッツ200円を添えて・・・。うーん、香り高く、まろやかで、安物のウイスキーとは違います。

 飲んで良かった!気持がリッチになりました。

クラシック 富良野ヴンテージ2013

富良野ヴィンテージ2013 

 遅ればせながら、11月16日、「サッポロクラシック」の富良野VINTAGE2103」を購入し、鍋を囲んで、呑みました。

 囲んでと言っても、ぼこちゃんと二人ですが・・・。

 そのあとは、日本酒をチビリと飲み、適度に酔いました。

 次の日がお休みだと気分が楽ですね!このくらいだと翌日にまったく残らず、朝6時30分には起床しました。

芋焼酎もいいねえ!

 8月12日、8月23日、9月4日と、8月から9月にかけて、割と頻繁に、おじゃましたお店があります。

 地下鉄東西線、西11丁目駅直結の「おごじょ」というお店です。

 駅直結なので、かなり便利~!

 西11丁目で用事があるときは、「おごじょ」でしょ!ってかあんじになりそうです。

おごじょ1 おごじょ2

 ここは、若いご夫婦で切り盛りしているお店。奥さまが鹿児島出身ということで、鹿児島の芋焼酎が充実してます。

 食べ物も、「さつまあげ」など安くておいしいです。料理は、旦那様のほうが作っているようです。

 料理の写真がなくて、残念!

おごじょ3 おごじょ4

 3回目は、元同業者さんと二人で、カウンターに。

 私は、おかみさんが鹿児島で飲んでいたという「小鹿」をいただきました。

 元同業者さんは、「八幡」。壁には、カラフルな名所が印刷された瓶が並んでました。

 そのうち、また、行きたくなるお店ですねえ。次は、料理の写真も忘れずに撮ります!

さっぽろタパス2013

 「さっぽろタパス2013」が、9月1日~5日、開催されました。

 2006年にスタートして、今年で8回(年)目。

マップとブックとボーノ 

 6日~8日は、タパス・プラス。隙間をねらって、manabeeは、20年来の友人のたかちんと、6日に参加してきました。

bono tapas 5 

 上の写真が、ボノ・タパスというチケットで、一つのお店に、1片を渡すと、タパス(簡単に言えば酒のつまみ)とワンドリンクが提供される仕組み。

 今回は、大通駅をスタートし、西11丁目駅まで歩く間に、2軒寄って、西28丁目駅で、もう1軒。琴似の店も参加したみたいなので、琴似駅で降りて2軒という計画。

モンペール カヴァ

 1軒目は、「モンペール」という、小さなビストロ。予約で混んでいるようでしたが、18時ころでしたので、19時30分までということで、入れてもらえました。

 タパスが、美しくて、美味しい!カヴァで乾杯!

花桐外観 

 2軒目は、今回一番行きたかった、「蕎麦とお野菜 おもてなし 花桐」。ここは、まだ空いてまして、余裕で入れました。

花桐 

 タパスのメニューもあって、力が入っています。

みどりなすの刺身 

ズッキーニとベーコンのフライ

ハーフそば

 タパスの量が多い!私は、これに、日本酒をいただきました。こだわりの地酒で美味しい!

サイレントのつぶ 

 3軒目は、西28丁目駅直結のビル1階にある「喫茶&おばんざい サイレント」。ここは、本当に喫茶店の内装でびっくり。

 「つぶ煮」の後に、串揚げ3本。ここでビールをいただきました。串揚げの写真を撮り忘れて、残念!制服を着たきれいな女性が3人もいました。これも、ちょっとびっくり。 

1309060365.jpg  

 4軒目は、地下鉄琴似駅から旧国道5号に向かって、徒歩5分強。「ビストロ プロスペレ アンサンブル」という、アルザス大好きシェフの店。

 ご覧のタパが美しく、美味しい。白ワインをいただきました。このワインがまた美味でした。

 ただ、予約のカップルとフリーのカップルの二組がすでに着席されており、タパスの先客の女性もお一人、カウンターに座ってまして、一人で切り盛りするマスターは手が回らなかった御様子でした。

 金曜日ですし、タパスでなく、予約して訪れると、かなり良さげな店でした。 

cyasyu- ぎょうざ 

 5軒目は、地下鉄琴似駅とJR琴似駅の間の古いビルの4階にある、隠れ家みたいな店「カフェ AMICA(アミカ)」。ゆっくりどうぞ!と大歓迎されました。二人分ですが、”手づくりチャーシュー”と”手づくりぎょうざ”が”タパ”です。

 私は、ここでは、スコッチ(カティサーク)のロックをいただきました。

 5軒も回ると、それなりにお腹も満たり、お酒も5杯飲んでいるので、満足満足!

 ただ、時間がまだ早かったので、たかちんと二人で、「酒肴や 風」で、打上げをしました。吉田類さん流に言えば、私はもう少し寄っていきます。ってかんじですね。
 

おひさしぶりに、鳥太郎北口店

 6月下旬、久しぶりに、鳥太郎北口店に顔を出しました。

はくろすいじゅ 

 たかちん&F島親方と3人でした。スタートは二人で。

 ビールの後、私は日本酒へ。たかちんは、まだ、ビール!

 「はくろすいじゅ」と「空蔵」。どちらもうまい。私は、「はくろすいじゅ」をセレクト。

亀の王 

 続いて、3人になりましたので、3本。

ど

 「ど」というお酒は、おどろくほど黒い。これは珍しい。でも、美味しかったので、不思議です。

ほたる 

 続いての3本。

 翌日は、コンサドーレ札幌の試合があるので、楽しく飲んで、1軒で、ほどほどに切り上げました。

 こういう飲み方をしていれば、体にもお財布にも、やさしいのですがねえ。

あいの里で久しぶりの懇談

 2月13日、久しぶりに、北区あいの里で飲みました。

 私が、あいの里で大変お世話になったY田T郎さんが、なんと!現在、一緒に働いているE藤の中学時代の恩師であることがわかり、昨年末から時期を調整していましたが、この日、ようやく実現したものです。

福福龍神 福福龍神うら

 JR札幌駅で乗り込むときに、電話しようと思っていたのですが、時間がなく、乗り込んでしまったところ、車内は学生さんらで混んでおり、電話もできず、携帯メールだけお出ししてました。

 そうしたところ、JRあいの里教育大駅まで迎えにきてくれてまして、たいへん恐縮したところです。

 地区センターとまちづくりセンターに少しだけ顔を出し、ふらりと駅前の”あいの里shop”に入ってしまいました。

 ビールで乾杯した後、日本酒へ。”あいの里shop”は、なぜか珍しい日本酒が入ってまして、手頃な値段で飲ませていただけます。

大観 大観うら

 福島に福をもたらす”水神”ということで、無濾過純米生原酒の”福福龍神”というお酒からいただきました。

 2杯目は、横山大観が命名したというお酒、”大観”をいただきました。特別純米生新酒、いわゆる”しぼりたて”です。

 こちらは、茨城県の日立市のお酒でした。4代目の社長さんが、近代日本画の巨匠で水戸市出身の「横山大観」と交友があったことに由来するようです。

 これも、しぼりたてらしい味わいでおいしかったです!
 
龍泉初蒸留 龍泉うら

 ここで、Y田先生の携帯に電話が・・・。「いつ来るの?」という内容のよう・・・。

 実は、つぼ八あいの里店のオーナーで、あいの里商工振興会の会長でもある、瀧下さんに、私が来ることを伝えていたようで、待っていてくださったようです。

 ということで、”あいの里shop”を後にし、つぼ八さんへ。

 瀧下さんは、本当は水曜日がお休みだったような気もするのですが、出てきていただいたようで、ほどなく合流し、一緒に飲んで、たのしいひとときを過ごさせていただきました。

 そのとき、ごちそうになったのが、沖縄泡盛の超限定酒。「龍泉初蒸留」というもので、なんと396本限定のうちの121本と印字までされていました。

 コイーけど飲みやすく、堪能させていただきました。感謝の一言しかありません。

 その後、E藤さんと私は、あいの里shopに舞い戻り、雪道で転びながらも、JRで戻りました。

 ありがとうございました。

小樽といえば、「たかの 隠れ蔵」

 余市、小樽の「雪あかりの路」ということになれば、やっぱり、「たかの」の「隠れ蔵」に寄らないとね・・・。男3人で顔出ししました。

 余市でいいだけ飲んでいたのですが、雪あかりの路を歩いたことで、少し酔いさましができました。

たかの1 

 たっきーには、辛口ということで、「越後で候」。私は、富山の「羽根屋 純米吟醸 煌火」をセレクト。F島さんは、「尾瀬の雪どけ 純米大吟醸」。

 いいかんじで回し飲みしました。

たかの2 

 続いて、「蔵王 しぼりたて生原酒」。宮城県白石市の蔵王酒造のお酒でした。しぼりたてらしいフレッシュで濃醇な味わい。でもキレていきます。

 もう1本は、「真野鶴 純米生詰原酒」。佐渡のお酒で、赤紋は限定銘柄のようです。

 赤紋が純米、青紋は吟醸、緑紋は純米吟醸みたいです。いずれも、無濾過の生原酒のようです。赤紋は落ち着いたかんじかも。おいしい。

雄町 川鶴

 続いて、あまり見かけない派手目のラベル。正直、なんて書いているのか読めません。

 香川の川鶴酒造のお酒のようです。「特別純米酒 雄町60」。

 よくよく見ますと、ラベルには「雄町」と書いているように見えます。

 備前雄町を60%精米し、1年間ほど蔵で寝かせているとのことです。酵母は香り高い9号酵母(香露酵母)を使っており、まろやかな中にも品の良い香りがほのかにあったような・・・。

 いい蔵元さんの気がします。

サンモール 

 帰り道は、サンモールも”雪あかりの路”でした。


さっぽろタパス2012

 「食べて歩いておいしい札幌を遊ぶ5日間」=「さっぽろタパス2012」に参加しました。

 2006年から毎年やっており、今年で7回目になるようです。

タパス冊子

 2006年は、79店のお店に約900人が参加してスタート。昨年2011年は、97店のお店を約3000人の方々が回ったということです。

 お酒好きでイベント好きのmanabeeですが、なぜか、さっぽろタパスには縁がなく、7回目にして初めての参加となりました。

タパス地図 

 今回、運良く、”タパス・アミーゴス”にも登録したことがあるという、お酒友達のTさんと一緒に参加することになり、「円山・宮の森エリア」に行くことになりました。

お店紹介 お店紹介2

 食通のYさんのおすすめ、①「すし処 静」、前に一度訪れたことのある、⑦「おばんざい おせんべい かまだ」には行くことがほぼ決まったので、ボノタパス(チケット)5枚つづりの関係で、あと3店をセレクトすることに!

 
静 

 スタートは、地下鉄西28丁目駅直結のビルの地下1階にある「すし処 静」。

 夜の部は、17:00から19:00までとのことでしたので、早めに行かなくては・・・。お寿司と日本酒でのスタートとmanabeeは決めておりました。

静のタパス

 ルールは、「ボノタパス1片=1ドリンク+1タパ」。

 「静」では、日本酒2種類のほか、ビールや焼酎、ソフトドリンクなど飲み物もいろいろ選べました。

 私は、店の名前と同じ「静」という日本酒をいただくことに。これは、おそらく、長野の舞姫酒造のお酒だと思います。+7の辛口の普通酒のようですが、しっかりとした造りで、超すっきりとしており、お寿司にぴったりというかんじがしました。

 タパ=おつまみ?は、写真のとおり、3種類のお通しがお酒と一緒についてきて、さらに、「にぎり3カン」でした。白身とマグロとエビ。うーん、いい仕事してます!

ピアチューレ 

 2軒目は、「窯焼きピザ piacere ~ピアチューレ~」。

 西28丁目駅から円山裏参道は少し遠いので、途中で、命のタパス?(アルコール+食べ物)を補充しなくてはならない、ということで、見事当選!となりました。

ピアチューレのタパス 

 Tさん情報では、②「トラットリア ラルケ」がオススメだったようなのですが、5日はさっぽろタパスの対象外。ちょっと残念でしたね。

 ですが、4点盛りの「タパ」が素晴らしい!そして、オススメのスパークリングワイン。なかなか良かったです!

sio 

 3軒目は、「Restrurant SIO」というお店。写真のとおり、お洒落な空間の先に、お店の入口があります。

 歩いていくだけで、”ドキドキ”感というか、期待が高まります。

sioのタパス 

 ここでのドリンクでは、メニューの一番上に書いてあった「浅間山 純米大吟醸 備前雄町」が気になります。浅間山の純米吟醸は飲んだことがあり、花酵母を使って、香り高く、おいしかった記憶があったからです。私は、それをセレクト。
  
 群馬県のお酒で、岡山県産『雄町』を48%精米。ゆっくり熟成する蔵のお酒の特徴と、濃醇な味わいになりやすい雄町の特徴を掛け合わせたら、というチャレンジで生まれたお酒のようです。酵母は花酵母?

 りんごを思わせるほどのフルーティさで、口の中でほんわりとした甘みが広がり、すっとキレていく、という、manabee好みのお酒でした。うまい!

 タパは、二人前ですが、写真のとおり。純米大吟醸を飲み、これで、ボノタパス1片(だいたい700円くらい)というのは、本当に申し訳ないくらいです。しかも、お洒落な店内。

ドン・バロン

 4軒目は、「SIO」のすぐお向かいの⑥「バル・タベルナ ドン・バロン」さん。スペイン風バルのお店で、店内には、サッカーのタオルマフラーなどがギッシリ。大きなTV画面では、サッカーの試合が流れてました。

 赤黒の縦じま「ACミラン」のものもありました。同じ赤黒でも、コンサドーレは、ちょっとさびしいですが・・・。マスターは、サッカー好きで、コンサの試合も、年に何回か観戦されるとのことでした。

イカスミパエリア スペインオムレツ

 ここでは、オススメの「サングリア」を飲み、「タパ」は、選ぶことができましたが、”イカスミのパエリア”と”スペイン風オムレツ”を頼んで、シェアしていただきました。

 結構、お腹が満たされてきました。Tさんの頼んだ白ワインは、ちょっと量が少なめだったかな・・・。

かまだ 

 仕上げは、⑦「おばんざい おせんべい かまだ」で決まり!

 「円山・宮の森エリア」では、時間が、ゆったり、まったりと流れており、道行く、タパスのお客様も少なめ。つーか、ほとんど人に合わない・・・。

 17時40分くらいから飲んでましたが、すべてのお店で、ゆっくりと滞在して、美味しいタパとドリンクを楽しむことができました。

 せかされることもなく、1杯飲んで、タパをゆっくり味わって、そろそろ行きますかね!みたいなかんじで、自主的に席を立つってかんじっす!

 「ドン・バロン」を出たのが21時少し前だったような・・・。歩いている時間もありますが、4軒で3時間ほど。1軒あたり40分くらいも、長居させていただいたことになります。

せんぺい 

 「かまだ」のタパは、写真(これも、”おせんべい”と抹茶です!)のほかに、焼き立てのオリジナルおせんべいがついてました。

 ドリンクですが、きれいなグラスに注がれた”お酒”、と、私は、梅酒をいただきました。

 「かまだ」を出ると、ほどなく、地下鉄円山公園駅。西28丁目駅にはじまり、円山公園駅まで、約4時間の街歩きでした。

 ゆったり、まったり、「もやもやmanabee’s」を楽しんだみたいですよ~!

 来年も、「さっぽろタパス」!参加するしかないっしょ・・・。と北海道弁で決めまっス!

きんちゃんで「幻の露」

 8月11日、コンサドーレ札幌のホーム連勝の喜びは、「鳥のきんちゃん」で分かち合いました。

焼酎水割りセット 

 前日、飲み過ぎてましたmanabeeは、暑いし、ビールの後は、焼酎の水割りをチョイスしました。

 写真は、きんちゃん特製の「焼酎の水割りセット」。右のとっくりはお水。左のとっくりに、好みの焼酎。真中には、氷が山盛りの陶器グラス、という3点セットです。濃さはお好みで調節できます。

幻の露 幻の露うら

 一杯目めは、「黒伊佐錦」を飲みまして、2杯目に、気になっていた「幻の露」。なんと封開けでした。

 指宿市の芋焼酎。泡盛を醸す「黒麹」で仕込んでいるのがいい味だしてました。せっかく、封を開けていただいたので、次も飲まなくては・・・。

いかの酢漬け 

 お通しは、「いかの酢物」。夏らしくて、食欲が出ます!

玉子焼き 

 続いて、玉子焼き。スパニッシュオムレツってかんじもあります。かなりおいしいです。

煮込みうどん 

 メンバー5人が揃って、きんちゃん特製「(内蔵の)煮込み」を使った、本物?の「煮込みうどん」が登場!5人に、うどん5玉。だいこんやニンジン、お肉、ねぎ、玉子5個・・・。一人3杯くらいずつ食べられるのですが、これだけでお腹いっぱいになってしまいます。

 でも、焼き鳥屋で焼き鳥を食べないのはおかしいということで、「室蘭」「月寒」「鳥皮」を2ほんずつお願いしまして、manabeeの好物の「みがきニシン」も頼みました。

しいたけ 生しいたけ

 実は、この立派な”しいたけ”も焼いてもらいたかったのですが、5個しかございませんで、別なお客様に、3個、2個とプレゼントしてしまいまして、食べ損ねてしまいました。

 本当は、お腹いっぱいだったんですけどね・・・!

 次は、しいたけも食べたいですね!

ワインガーデン2012

 5月23日(水)~27日(日)の5日間、大通公園で、「第54回札幌ライラックまつり」が開催されています。

パンフ1 パンフ2 パンフ3  

 西7丁目会場では、「ワインガーデン2012」が開かるとのことで、初日の23日の夕方から行ってきました。

ワインガーデン

 観光OBのK部長とY係長、4月からお仲間になったE係長とmanabeeのアラフィフの5人男でした。 

おたる ケルナースパークリング 
 
 一杯500円ですが、ボトルのほうが安いということで、1本目は、おたるケルナースパークリング(辛口)で。Y係長の知り合いのお店の方のおすすめのようです。

奥尻ワイン グリーンヴィレッジ2010

 2本目は、奥尻ワイン。実は、飲みたかったワイナリーです。

 「Green Village 2010 Rouge」。なんか、すこししょっぱいような・・・潮の味わいが感じられます。すごく”うまい”というわけでもないのですが、楽しめました。

ワインリスト1 ワインリスト2

 その後、一杯だけ味見しましたので、飲んだワインは3種類。

 ワインリストはこんなかんじでした。

 一杯500円で多くの種類を楽しむのもいいと思います。

「黒さそり」と「けいこうとなるも」

 先日、ビアガーデンの後、ジョーさんの店、「エル・カホン」に立ち寄りました。

 そこで、見つけた、少し怖いラベルが、「黒さそり」でした。

黒さそり 

 普通、麦焼酎は、白麹菌を使うはずですが、沖縄の泡盛で使われる黒麹菌を使って醸した珍しい焼酎であります。

 黒麹で仕込み長期熟成させた事によって、麦をしっかりと主張させながらもまろやかな後味が心地良く飲めます。

ラベルが渋くてかっこいい!鹿児島のさつま無双さんの焼酎でした。

さそり裏

 少し調べてみますと、日本酒は「黄麹菌」、泡盛は「黒麹菌」、黒麹菌の突然変異種が「白麹菌」ということで、「白麹菌」が発見されたのは大正時代ということで、それほど古くなく、北九州から九州全土に広がっていったようです。

 麦焼酎造りは、「黄麹」⇒「黒麹」⇒「白麹」と移っていったということでしょうか?

 もうひとつ、渋いラベルが・・・。

けいこう 

 福岡のえびす酒造さんの麦焼酎「けいこうとなるも」であります。

 酒銘の由来は、ことわざの「鶏口となるも牛後となるなかれ」からきています。小さな蔵元さんのようで、限定の特約店にしかおろしていないもの。原料に、筑紫平野産の大麦のみを使い、伝統製法でしっくりと醸造しているとのことであります。

 完全無添加で、3年以上熟成しているとのこと。まろやか~ですねえ!

札幌の夏祭り=ビアガーデン

 札幌の夏と言えば、大通公園の「ビアガーデン」ですね、やっぱり!

くりーみぃとっぷ 

 今年は、3回4か所で、すでに飲んでおります。

 まずは、札幌テレビ塔の下の「ニュー三幸」で。

 次は、5丁目の「サントリー」。 
 
 お次は、8丁目の「サッポロビール」。

 ここでは、やはり、「エビス スタウトクリーミートップ」700円を飲まなくては・・・。

サッポロビール 

 
 さすが、サッポロビール。コンサドーレ札幌とファイターズのレプリカがユニフォームになっていて、チケット販売や料理を運んでくれる方は皆さん、来ていました。

写真をお願いしますと、気持ちよく「OK」をいただき、ユニフォームをしっかりと見せていただけました。ありがとうございます。

ビアパイ  ジンギスカン

 食べ物はと言いますと、もちろんいろいろあります。

 このくそ暑いのに「ジンギスカン」と思いましたが、かなり美味しかったです。

 さらに、「さっぽろスイーツ2011コンペティション」のギフト菓子部門でグランプリを獲得した、「北菓楼」(砂川市)の焼き菓子「さっぽろビアパイ」が販売されてまして、ビールにあって美味しかったです。

 大好きな「SAPPORO CLASSIC」の、会場限定バージョンがあるのですが、18時からの販売ということで、飲めなかったのが、チョッピリ残念でした。

焼酎 

 最後に、顔を出したのは、7丁目の「キリンビール」さん。ここでは、たいへん申し訳ないのですが、ビールを一杯飲んだ後、知り合いが持ってきた日本酒と焼酎をこっそりいただいてしまいました。

 来週も暑くなりそうなのですが、最近飲みすぎのため、少し控えて、12日の夜の宴会に備えたいと思います。

アイラ島のアイラモルト

 22日の夜、ウイスキーを楽しむ機会がありました。


ウイスキー 

 本日は、クリスマス・イブなので、なんとなく、ウイスキーが似合うような・・・。

 3人で異なる種類のお酒を頼みましたが、私は、アイラ島のモルトウイスキー、ラフロイグの
10年物をいただきました。

 強烈なピートの香りで、チーズをつまみに、ゆっくりといただきましたが、おいしかったです。

 このような本物が比較的安価に飲めるなんて、日本は、本当にいい国ですねえ。

スナック「美詩菜(みしな)」

 すすきので良く行くお気に入りのスナックとしては、「受け月」がありますが、受け月のママのふるさとが「美詩菜(みしな)」というスナックであります。

 記憶では、平成14年(2002年)の11月頃に最初におじゃましたのではないかと思います。

 落ち着ける、よいお店であります。


 スナック「美詩菜」

 中央区南6条西4丁目 ジャスマック六番館ビル3階

 電話011-513-0013


美詩菜 

 先日おじゃましたときに、仲良くなった、亜弥(あや)ちゃんの写真を携帯で撮影しました。

 ブログへの掲載OKとのことでしたので、UPします。

スナック「受け月」

 2003年頃から、すすきのに出るとおじゃましている、なじみのスナックがあります。

 HP版の「manabeeルーム」でも2回ほどご紹介しておりますが、4月に、大通に異動になり、行きやすくなりまして、この2か月で6回ほどおじゃましているところであります。

受け月2 

 ただ、人気店のため、金曜日は結構混んでまして、今月21日などは、少し遅い時間だったこともあり、お店に入ることができませんでした。

 4人以上のときは予約しておいたほうが無難ですね!

受け月1

 「受け月」は、南6条西3丁目ジョイフル札幌6階にあります。幸枝ママをはじめ、素敵な女性がそろっているのですが、比較的リーズナブルなところがおすすめであります。
プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。