スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千歳鶴「平成23年度 蔵元直送 頒布会」のお知らせ

 札幌にある唯一の蔵元である「千歳鶴」。毎年恒例で、蔵元直送の頒布会」をやってます。

 manabeeは、平成16年度から毎年参加していますので、今年で8年目となります。早いものです。

千歳鶴頒布会 

 今年は、蔵出し生酒ばかり9本セット。4月・5月・6月の中ごろに、3本ずつ、自宅に配送されます。

 税・送料込みで、12,000円と、今年は少しお高めですが、毎年、香り豊かで、冷蔵庫に保存さえしておけば、開封後も、かなりの期間楽しめる、いい酒ばかりです。

 manabeeは、本日、申込書を投函しました。

スポンサーサイト

韓国映画「ベストセラー」

 韓国ドラマと韓国映画好きのぼこちゃんにお付き合いして、26日、またしても、韓国映画を観てきてしまいました。

 恋愛映画が多い韓国には珍しく、「ベストセラー」という題名のホラーサスペンスです。

映画ベストセラーおもて 

 旧スガイビル、今は、ゲオディノスの札幌劇場で、2月19日~3月4日、ピンポイントの上映です。

映画ベストセラーうら 

 ものすごく怖いというわけでもないのですが、なかなか難しいところもあり、ぼこちゃんなどは、ストーリーというか展開というか、細部をわかっていないシーンも多かったようです。

 音とか視覚的に、心臓に悪いシーンも結構あって、火曜サスペンス劇場よりは、怖いかもしれません。

桜亭で日本酒など

 泡盛の会の後、13人で、2次会に行きました。

 場所は、大好きな日本酒の飲める店、「桜亭」であります。

桜亭で日本酒 

 この日飲んだのは、主に写真にある4つの銘柄です。

 広島の「龍勢」、栃木の「若駒」、その名も「山形正宗」、愛知の「奥」ですが、それぞれ、造りの違いなどを楽しむことができました。

 私は、山形正宗でスタートし、3杯くらい飲んだような・・・。

若駒表 若駒うら

 2月18日(金)にも、はがきで、ママに呼び出しをうけまして、「桜亭」におじゃましました。

 そのとき、「若駒」の「純米~無加圧搾り~」をいただきました。栃木県小山市にある若駒酒造のまだ20代という若い蔵人さんが造っているようです。地元の「あさひの夢」という酒米を65%精米した純米酒ですが、槽搾りの生原酒のようで、とてもフレッシュでmanabee好みでありました。

ワイン ワインうら

 お隣に座った方から、ワインをいただいてしまいました。2009年産のボジョレーです。ライトボディのヌーボーが少し熟成しはじめたかな、というかんじで、すいすい飲めてしまいました。

きんせん表 きんせん裏

 つぎは、「仙禽(せんきん」の「純米吟醸 中取り無濾過原酒」です。栃木県さくら市の株式会社せんきんのお酒で、地元の酒米「とちぎ酒14」を55%精米して、袋しぼりした生原酒であります。「手詰め直汲み瓶囲い」した仙禽のスタンダードだそうです。

 おりがらみで、りんごのような香りが良く、-3.5と甘口なのですが、べたついたかんじはなく、これもmanabeeにストライク。仙禽は、どれも好きですねえ。

秋鹿おもて 秋鹿うら

 最後は、「秋鹿」の山廃です。山田錦70%精米し、協会7号酵母で仕込んだ純米酒。やはり無濾過の生原酒であります。

 山廃ですが、くどくない、+6と辛口ですが、辛いわけでもない、酸味がいいかんじで、バランスがいいかんじのお酒ですねえ。どれもおいしくいただきました。

第14回「北海道泡盛の夕べ」

 2月24日(木)18:30から、ホテル札幌ガーデンパレスで、第14回「北海道泡盛の夕べ」が開かれました。

第14回北海道泡盛の夕べ 

 毎年、2月に開かれている恒例のイベントで、manabeeは、2005年2月に開催された第8回目から毎回参加しています。

 テーブルの上に泡盛

 まずは、ウエルカムドリンク(泡盛の水割り)を受け取って入場します。各テーブルの上には、泡盛のボトルが置かれていますので、つぎは、それを飲んでいくことになります。

 私たち20名のグループが陣取ったテーブルの上には、新里酒造の「琉球ゴールド」が置かれていました。沖縄最古の蔵元とラベルに書いてあります。まずは、ロックで、美味しいです!

春雨ブース 久米島の久米仙ブース

 今回は、料理の写真は撮りませんでしたが、本格的な沖縄料理をフリーに持ってくる立食スタイルであります。琉球の料理ではないものも交じってきて、昔より味がちょっと落ちているような気がします。なぜ?

 今回、会場に出展していただいた蔵元さんは12のようでした。そのほかにも自慢の泡盛を寄贈してくれる蔵元さんもありますので、19銘柄、おそらく、その3倍の種類の泡盛が基本的に飲み放題となります。

 左は、大好きな「春雨」の宮里酒造のブース。右は、久米島の久米仙さんのブースです。
 
泡盛の女王と記念写真 

 2010年の泡盛の女王は、仲本キャサリン沙織さんという方で、お話好きで気さくな素敵な女性でした。

 札幌に来たのは初めてだそうで、とても喜んでおられました。

宮里さんと沖縄旅行GET 沖縄旅行の目録 目録の本物

 今回は、すごいことがありました。今回は20名の仲間で参加したのですが、沖縄旅行や泡盛の三升壺などが当たる豪華抽選会において、なんと!「沖縄ペア旅行(2泊3日)」の当選者が出てしまいました。

 過去には、定山渓一泊ご招待に当たった女性はいたのですが・・・。

 沖縄に行った折には、宮里酒造さんに立ち寄らせていただくように、お約束をしていたようであります。

松藤一升瓶 古酒島唄

 そのほかに、松藤干支ボトル一升瓶や古酒島唄の四合瓶が当たったりしてました。

 おめでとうございます!

餃子館

 私の自宅から車で5分くらい、歩いても15分かからないかというところに、ボリュームがあり、人気の中華料理屋さんがあります。

 「餃子館」というお店です。

餃子館 

 オープンしてすぐで、まだ人気がなかったころ、一度、家族で行ったのですが、ラーメンも美味しくないし、ぎょうざもおいしくなくて、「すぐなくなるねえ」と言っていたのですが、なぜか、どんどん混んできていて、いつも駐車場も満杯だし、お店も混んでいるみたい・・・。

ぎょうざ 

 どうも経営者かコックさんが変わったようで、その後、美味しくなったとか・・・。

 おそらく10年以上ぶりの2月12日(日)、ぼこちゃんと二人で行ってみました。

 日曜日でしたが、5時ころだったので、すぐに入れました。その後、ほどなく満員になったようですが・・・。

カニチャーハン

 迷いに迷ったのですが、私は、「カニチャーハン(850円)」と「肉ぎょうざ6個(320円)」を頼みました。

 「ラーメン」or「坦々麺」と「ぎょうざ」、あるいは、「ぎょうざ12個のぎょうざ定食(750円)」か、本当に迷いましたあ。

 でも、「カニチャーハン」はボリュームたっぷりで美味しかったので、満足です。スープはちょっと日本っぽくない味付けのような、不思議なしょっぱさが・・・。

中華飯 

 あんかけ好きのぼこちゃんは、結局、「中華飯」にしまして、こちらも、ボリュームがすごい。

 これだけの量だといつもはご飯を残す、ぼこちゃんですが、味が染みたということで、残さず食べてました。

 ぎょうざを1個と私のカニチャーハンを二口食べて、さらに完食なので、本当に珍しいです。

 味が良くなったという噂は本当だったなあ。

 つぎは、まじで、ぎょうざ12個の「ぎょうざ定食」でいってみるかなあ。

 ぎょうざ食べ放題、時間無制限で1200円というのもあるようですが、ぎょうざも丸々としているので、12個も食べれば十分でしょう。

札幌の女子大生がつくったお弁当

 北海道内のローソンで、2月21日(月)まで、「札幌の女子大生がつくったお弁当」が発売されています。

 manabeeは、発売開始日である2月8日(火)のお昼ご飯に食べました。

女子大生弁当3 

 札幌市保健所の協力のもと、「札幌市食育学生ボランティア」として活動している天使大学、藤女子大学などで栄養学を勉強している6人の女子大生が考えたメニューを考えたそうです。

女子大生弁当2

 一食あたり629キロカロリーと、ヘルシーでありながらボリューム感も出したお弁当になっています。

女子大生弁当1 

 ご飯のうえには、「キムチ」、低カロリーな「鶏そぼろ」、「もやしナムル」がのっていて、少し韓国風。

 おかずは、「根菜きんぴら」、カロテン豊富な「かぼちゃの煮付け」、余分な脂肪分を抑えて調理した「豚生姜焼き」、「イカ焼き」です。

 普段の私のお弁当よりもボリュームもカロリーもあるかも。美味しかったですが、見た目がもう少し華やかだと、さらにgoodでしたが、いいかんじですね!

 第二弾、第三弾とか出してみるのもいいのでは・・・。

ホテル大坂ベイタワーから望む

 昨年11月に大阪を訪れたとき、連泊で泊ったホテルは、大阪環状線の弁天町駅直結の「ホテル大坂ベイタワー」でした。
 
大阪の夜景 

 「大阪でいちばん夜景のきれいなホテル」だそうで、部屋はすべて30階以上にあるので、本当に夜景がきれいな上級ホテルでした。

大阪ホテルから 

 朝見ても、眺望が素晴らしいのがよくわかりますね!

月を見上げる 

 もう一枚、大坂の夜景を・・・。

 「FERRIS WHEEL」といいまして、大阪の梅田駅近くにありますファッションビル「HEP FIVE」のシンボルであります観覧車を下から撮影したものです。

 「やまもと」で「ねぎ焼」を食べた帰り道、満月がきれいで、ちょうど面白そうな角度だったので、立ち止まって、パチリ。面白い写真が撮れたなあ、と我ながら喜んでおります。

温故知新Ⅵ with SAPPORO SYMPHONIC BAND

 昨日、札幌開成高校吹奏楽部OB会の演奏会「温故知新Ⅵ」に行ってきました。

 かでる2・7ホールが会場でした。

温故知新Ⅵちらし 

 チラシにもありますとおり、昨年4月に、40歳の若さでお亡くなりになった籾山渉さんに捧げられた演奏会でありました。

籾山さん

 私も、籾山さんの吹奏楽部の後輩でありますD町さんを通して、コンサドーレ札幌の応援を通じて、籾山さんとは知り合いであり、函館でのコンサドーレ札幌の試合の後の打上げ?などで、ご一緒したり、札幌での試合の前や後に挨拶を掛け合ったり、させていただいておりました。

 ご病気のため、トロンボーンを吹けなくなってしまった後、籾山さんは熱心なコンササポでありました。

モミー席

 演奏会場には、籾山さんの席が設けられており、会場に一緒にいらっしゃるという気持ちを強く持たせていただいたところであります。

 どの曲も心のこもった演奏であり、自然と涙があふれてくるのを止められませんでした。

オズの魔法使い 

 司会は、押しかけ司会者だとのことでしたが、籾山さんと親交のあった、金田一仁志さんでした。

 金田一仁志さんが脚本・演出を手掛ける「第4回さっぽろ市民ミュージカル オズの魔法使い★2011」では、籾山さん(モミー)をモデルとした「車イスのカカシ」が登場するそうです。

カリーハウス「コロンボ」」

 1月末、ヨドバシカメラに、ぼこちゃんがほしいという、ICレコーダーを買いに行きました。

 実は、私が平成10年くらいに購入したオリンパスのICレコーダーはスマートメディアを使う古いタイプでしたが、ぼこちゃんに壊されまして、それに代わるものを買いに行ったのであります。

 ついでに、もう1件用事を済ませ、お腹がすいたので、古くからやっているカレー屋さんである「コロンボ」に立ち寄りました。

コロンボカツカレー 

 ここは、はやりのスープカレーではなく、ルーカレーです。さらに私が札幌に出てきた昭和55年(1980年)にはすでに存在していたように記憶しています。(HPによると1973年オープンのようです。)

 スタンドだけの決して大きいという店ではありません。新札幌に支店があるのをHPではじめて知りました。

カツカレーアップ 

 私は、せっかくなので、「スタミナ・カツカレー(900円)」をお願いすることに。

 シンプルなカレーの場合、すぐ出てくるみたいですが、カツを揚げるのに若干時間がかかりました。

 しかしながら、普通盛りでご飯が多めであり、カツも揚げたてでサクサクし、肉厚でボリュームタップリでした。

 お腹満腹で、おいしかったです!

エビフライカレー 

 ぼこちゃんは、日替わりカレー850円。この日は、エビフライカレーでした。ぼこちゃんは、もちろん小ライス。マイナス30円になります。大きなエビフライが3つ、ドデーンとのっており、小ライスでもボリュームは十分です。

 ぼこちゃんは、満腹になり、少し動けなくなってました。

 さらに、お持ち帰りでない場合、アイスがもれなくついてきます。

 日替わりのカレーは、いろいろな種類があり、毎週水曜日の「煮込みハンバーグ・カレー」が人気らしいです。

 私の息子は、ルーカレー好きなので、今度、札幌に帰ってきたとき、機会を見つけて、連れて行ってあげたいと思いました。

ドーレくんマウスパッド

 2010シーズンのコンサファンクラブポイントの記念品ですが、私はほとんどシーズンシートのポイントのみの1045ポイントでしたので、ドーレくんのマウスパットをいただきました。


 いろいろあって、キックオフイベントに行けませんでしたので、そのときに引き換えることができず、引き換え期限の1月31日ギリギリの28日(金)、ファンクラブ事務局に行ってきました。

なかなかいいかんじで、さっそくオフィスの机の上で活躍してくれています。


ドーレくんマウスパッド  

遅くなりましたが、2011シーズン、3年目を迎える石崎監督のもとJ1昇格を目指すコンサドーレ札幌の選手の背番号一覧です。

 

1 GK 高木貴弘

2 DF 日高拓磨

3 DF チアゴ

4 MF 河合竜二

5 MF ブルーノ

6 DF 岩沼俊介

7 MF 高木純平

8 MF 砂川誠

9 FW 中山雅史

10 MF 宮澤裕樹

11 MF アンドレジーニョ

12 サポーター番号

13 FW 内村圭宏

15 MF 古田寛幸

16 GK イホスン

17 MF 岡本賢明

18 MF 芳賀博信

21 GK 原寿康

22 FW 三上陽輔

23 DF 山下達也

24 FW 横野純貴

25 DF 櫛引一紀

26 FW 上原慎也

28 GK 曵地裕哉

32 FW 近藤祐介

「まんさくの花」&「久保田生原酒」

 先日、幼稚園の後輩である「赤いスイス製のジャー」さんが、サツエキ北口の「鳥太郎」で美味しい日本酒飲んできたとのことであります。

 レポートが届きましたので、UPします。

まんさくの花

 「まんさくの花」

 3本で1セット販売(限定120本セット)で、あらばしり 中汲み 責め取り の3種類を試飲して、あらばしり選びました。
 
 薄くにごっていますがフルーティな味わいで、すっきり飲みやすかったです。
 
 中汲みは少し重く、重厚感が増します。
 
 いずれも、同じ樽でつくった、最初と途中と最後から作ったもので、同じものからこんなに違うものができるとはオドロキでした。度数はいずれも16-17度だったと思います。
 
 酒米の「美郷錦」。俺はあまり見たことないです。

久保田生原酒

 「久保田」の「生原酒」というのを昨日、いただきました。

 普通なら「千寿」「萬寿」とか書いてあるところに「生原酒」とあり、店長の話だと、今年から久保田で仕込んだものだそうです。

 度数19度とありますが、ずっしりとしながら、透明感のある味わいです。
 
 P.S.
 「美郷錦」は、秋田県の試験場で造られた酒米で、「美山錦」と「山田錦」を掛け合わせた品種のようです。

2011年2月

 2011年も、一か月がたってしまい、今日から2月であります。

 年末年始はおだやかでしたが、5日ころから雪が降り続いて、ひどいかんじでありました。

 もうあまり雪は降らないでほしいなあ、と思っておりますが、そんなわけにもいかないでしょう!

 いたしかたないところです。

 コンサドーレの試合も3月頭から、ファイターズは3月下旬ということで、2月は暇ですが、仕事が忙しそうな気配です。

 お酒では、2月24日に、北海道泡盛の夕べがありました。今回は、なんと20人の大グループで参加します。皆さんとゆっくりお話できないかもしれませんが、楽しみであります。
プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。