スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再訪 原爆ドーム


 2011年も後2日となりました。

 manabeeは、本日から2日まで、ふるさと”函館”に里帰りします。

原爆ドーム2 原爆ドーム1 

 年末にあたり、2011年を振り返りますと、8月に広島を訪問できたことも10大ニュースのひとつです。
 
 そこで、世界遺産の一つであります、原爆ドームの写真を公開しましょう!

 今回は、じっくりと見ることができました。

 さらに、夜にも・・・。

靄のドーム 

 夜はライトアップされていて、正直かなり怖い。

ドームの中 

 被災した、そのままに保存されているということですが、中はかなり不気味です。

夜の原爆ドーム 

 今年は、震災により、原子力発電の危うさが浮き彫りになった1年でした。解決への道筋も一筋縄ではいかないでしょう。

 「原爆ドーム」は、それこそ、貴重な「世界遺産」として、人類に後世に伝えていかなければいけない物の一つであることは間違いありません。

 皆さま、良い2012年をお迎えください。
スポンサーサイト

岩見沢 倉持商店

 偶然、岩見沢で、地酒の揃った店を見つけた、とブログに書きました。

クラモチ外観 

 JR岩見沢駅前すぐのアーケードの一角にある「倉持商店」というお店です。

 外観はとてもお洒落で、地酒ってかんじがあまり漂わないような・・・。

倉持商店 クラモチ

 しかしながら、看板をみますと、これは間違いなく、いわゆる”酒屋さん”だということがよくわかります。

 まずは、駅まで歩いて、晩御飯を食べてから、帰りに寄ろうと思って通りすぎました。

カレーらーめん 

 ここで、カレールーを使った、カレーラーメンに出会いました。

 カレーライス380円、カレーうどんorそば300円と激安です。

 その中で、今年からメニュー入りしたという、カレーらーめんは580円なので、かなり力が入っております。

 小ライスを加えてセットにしても630円。安すぎます。
 
 ”カレーうどん”のような”カレーらーめん”。これは食べて損はないと思います。

クラモチ中 

 話は脱線してしまいましたが、あまり期待せずに店内へ。

 想像以上に地酒が揃ってます。

 新潟の「八海山」と「雪中梅」、石川の「菊姫」は完璧ラインナップです。特約店になっているのでしょう!おそらく定価です。

 そのほかに、「早春」とか「群馬泉」とか「房島屋」なんていう聞いたことないお酒が・・・。

吟醸蔵 呉春吟醸

 manabeeが感激したのは、あの「呉春」が3種類とも揃っているということでした。

 普通酒(池田酒)でもめったにお会いできないに、本醸造は10本くらいも・・・。さらに、いまだ飲んだことのない「吟醸」も2本ありました。一升瓶で4800円。

 この後、雪道を歩いて岩見沢市民会館まで行かなければならず、かつ、帰り道を運転しなければならないということを考え、泣く泣く購入を断念。群馬泉の四合瓶を購入させていただきました。

 リベンジに、絶対、行きたいです。JRで行って、帰りの車内で酒盛り。なんていうのが夢かなあ。また、楽しみが一つ増えました。ありがとうございます。

月間コンサドーレ昇格記念号

 月間コンサドーレ「CS」の2012年1月号が届きました。

 通算131号になるようです。

cs  

 創刊号から、ずっと購入しておりますが、今回の昇格の喜びは格別な気がします!

 苦労して苦労して、ようやく、つかみとったJ1昇格でした。

声援 ありがとう

 その真ん中のページは見開きで昇格を決めた最終試合で撮った集合写真でした。

 一生の記念になります。

コンサ2011公式グラフ 

 記念と言えば、12月17日発売の「コンサドーレ札幌公式グラフ2011 クラブ創設15周年記念号」も、当然のように購入しました。

 2011シーズンは、本当におつかれさまでした。また、ありがとうございました。

 「コンサドーレ札幌 キックオフ2012」は、1月15日(日)、札幌ドームで開催決定!

 今から楽しみです。

今年もクリスマスイブ礼拝

 12月25日、本日は、世界的に、イエス・キリストの生誕を祝う「クリスマス」です。

教会 

 その前日、クリスマス・イブということで、今年も、教会に足を運びました。

 本当は、所属する教会があることはあるのですが、かなりご無沙汰しており、申し訳なく思ってますが、日々、覚えています。

ハンドベル 

 ハンドベルの演奏でおごそかにスタートしました。きれいな音色が聖堂に響き渡り、いいかんじですねえ。

ゴスペル 

 
 神様へのお祈りの後、「ヘブンリィ・ウインド」によってゴスペルが歌いあげられ、イエス・キリストの誕生をお祝いしました。

歌う 

 今年は、日本のとって、大きな悲しい出来事がありましたが、救い主(キリスト)のお力によって、新しい年2012年が開けていくことと思います。アーメン!

酒肴や「風」

 12月15日(木)、よさげなお店に出会いました。「酒肴や 風」というお店であります。

「地酒 仙丸」さんのHPに、「美味しいお店」というコンテンツがありますが、そこで紹介されており、前から気になっていたのですが、ようやくおじゃますることができました。

 西区琴似1条1丁目7-6コスモレジデンス1階、古いビルの1階が飲食店街になっており、その一角にひっそりとありました。

芭蕉と天の戸 

 ビールをいただいた後で、さっそく日本酒へ。

 私は「天の戸 美稲(うましね) 無濾過 純米80(はちまる)」をいただきました。あえて、精米歩合を80%にした純米酒。無濾過のため、フレッシュで、米の旨みがしっかり楽しめるお酒で、雑味はまったく感じられません。黙って飲めば、もっと高精米のお酒と思います。

芭蕉裏ラベル

 男3人でおじゃましたのですが、もう一人のMさんは、「俳聖 芭蕉 純米吟醸」を注文しました。

 こちらは、三重のお酒ですが、秋田流の花酵母を使っているそうで、香りよく、飲みやすいので、スルスルっといってしまいます。

大助の子の唐揚げ ししゃも

 料理が、また、かなり”うまい”です。お酒に合いそうなものばかり。もっと頼んだのですが、写真に残した2品をご紹介します。

風のお酒たち 

 「風」に、この日あったのは、ボードのお酒です。

 次は、福島の「天明」の「中取り 壱号」をいただきました。

天明 天明中取り

 2011シーズンの新米で造った新酒の第1号というお酒でした。うすにごり。新酒ですが、中取りのせいか、若々しい香りとさわやかな味わいばかりが楽しめまして、若いお酒ゆえの雑味はまったくわかりません。おいしいですねえ。

秋とんぼ 秋とんぼ裏

 次は、「秋とんぼ」。神奈川の「いずみ橋」というお酒ですねえ。

 平成21年度のお酒なので、2年ほど熟成されているお酒のはず。確かに、色がついている。山田錦を使った山廃仕込み。しっかりとしていますが、冷えているせいか、思いのほか飲みやすい。

庭のうぐいす にごり 

 次は、「庭のうぐいす」の「特別純米 ふゆにごり」。これは完全な「にごり酒」です。

 そろそろ、酔っ払っており、毛色の違うお酒達が、とても楽しい!
 
文桂人 

 でも、もう少し飲んでみましょう。

 続いて、高知の辛口酒という「文佳人」をいただきました。すっきり辛口ですが、うまみもあり、高知のお酒ってかんじもします。

来福 来福 愛山 裏

 締めは、「来福 純米大吟醸 愛山 拾年貯蔵」でした。

 これは、お酒ボードになかった、特別なお酒だったと思います。

 「愛山」というレア系の酒米を40%精米して、拾年貯蔵しているお酒。米の深みが濃厚で、良質な熟成が進んでいるお酒でしたねえ。

 そう遠くないときに、また、おじゃましたいです。

ヘブンリィ・ウインドin岩見沢

 先週の土曜日、12月17日、とある用事があり、岩見沢まなみーる(旧岩見沢市民会館)に行ってきました。

 車で行ったのですが、江別をすぎるあたりから、猛吹雪。まったく前が見えません。テールランプを頼りになんとかたどり着きました。 

  用事というのは、ゴスペルコーラスの”Heavenly Wind”の岩見沢では初めてとなるコンサートを聴きに行くことでありました。

 ”Heavenly Wind”は、2011で、活動を始めてから、10周年になるそうです。

ヘブンリィ岩見沢

 会場は、まなみーるの中ホール。90人の方々が乗るには少しちいさなステージだったかもしれませんが、新しくきれいなホールでした。

まなみーる

  昨年からゴスペルを始めたぼこちゃん。この日は、後半に着る”Tシャツ”を家に忘れ、18時30分の開演にもかかわらず、2時に家を出て、吹雪の中、忘れ物を届けた、manabeeでした。

  吹雪にもかかわらず、15時ころには、会場到着。16時ころに、無事に”Tシャツ”を渡し、それから2時間以上。ひま~!

 その暇のおかげで、岩見沢駅前で美味しい物と出会い、地酒の揃った、素敵な店を見つけたので、よしとしましょう。

ヘブンリィ2011
 

 もともとmanabeeは、クリスチャンですので、楽しくゴズペルを楽しんだのは言うまでもありません。

クリスマスイブ礼拝 

 明日は、クリスマスイブ礼拝に参列します。

阿曇野の酒「酔園」

 長野県は安曇野(あづみの)のお酒を味わう機会を得ました。

 「酔園」という銘柄のお酒で、以前飲んだことがありました。

酔園パンフ
 
 そのとき、飲みましたのは、「酔園 幻の酒 ブルー」でした。

 なんと、2002年11月のことでしたので、9年ほども前のことでした。HPでも紹介いたしましたが、香り豊かで芳醇でおいしいお酒でした。 上のリンクを押してみてください。

幻の酒ブルー

 今回は、泡盛の会でお世話になっています石原さんから試飲のお酒を3種類いただきました。

 来年、平成24年(2012年)から本格的に売り出すとのことでした。 
 
 左から、「酔胡楽(すいこらく) 無濾過吟醸」、「深江蔵(ふかえぐら) 無濾過純米吟醸」、「酔園 うま辛本醸造」の3酒類の飲み比べです。 

 
酔園3本2

 まずは、さっぱりした感じが期待できそうだということで、「酔胡楽(すいこらく) 無濾過吟醸」から。一升瓶で2,600円が参考小売価格とのこと。

 ご紹介文では、「濾過をしていないため深い広がりのある味わいと、加熱処理を1回のみの生貯タイプでフレッシュさを保った香りで喉ごしのよいお酒」とあります。

 確かに、香りよく、コクもかんじられます。新美山錦といわれる「ひとごごち」米を59%まで磨いているようです。アルコール度数が16.8度と無濾過のため、少し高めです。

酔園3本1

 続いて、「深江蔵(ふかえぐら) 無濾過純米吟醸」にいってみました。

 「酒質の劣化を防ぐために火入れは瓶詰めの後1回のみで急冷却をいたしました。搾りたてのフレッシュな味を大切にし、あえて濾過もいたしておりません。
 山吹がかったお酒がピチピチと口中ではじけながらも純米らしい丸みを帯びた飲み口のお酒です。」と紹介されています。

 こちらは、一升瓶で2,700円也。やはり、ひとごごち米を59%精米。アルコール度数16.8度、日本酒度+4、酸度1.6、アミノ酸度1.7とのことです。

 味わい豊かで、香りもよく、一緒に試飲した女子の一番人気でした。

始まりは 

父親 

母親 

 試飲の最後は、「酔園 うま辛本醸造」。一升瓶で1,800円とバリュー。長野県産米を70%精米。アルコール度数15度、日本酒度+3、酸度1.5、アミノ酸度1.5。

 「信州安曇野の恵まれた気候風土に育まれたお米・水により醸した本醸造。厳寒の冬に醸す、米の旨みと辛さがバランスの良い本醸造。」と紹介されています。

 お米のうまみは残しながら、すっきりとした飲み口で、クセがないかんじのお酒。酒が好きな方が晩酌に使える、何の料理にでも合いそうな食中酒というかんじでしょうか。

 札幌の店頭にも並ぶのが楽しみです。  

陸奥八仙 華想い 純米大吟醸

 11月青森に行った折、買ってきたお酒は、いろいろありますが、購入したのは、地酒の店2軒です。

 そのうちの1軒は、JR青森駅前にある「アウガ」というビルの地下1階に入っている「池野屋酒店」さんです。

 昭和の終わりころ、同じ係で仕事をし、泡盛などもよく一緒に飲む「元同業者さん」に教えていただきました。

陸奥八仙

 そこで、購入したうちの一本がこれ。 

 八戸酒造株式会社のお酒、「陸奥八仙 華想い 純米大吟醸」です。

陸奥八仙2 

 「華想い」という、新しい青森の酒米を50%くらい精米した純米大吟醸で、青森県の酵母を使っているようです。

華想い 

 11月20日(日)、青森で、全日本合唱コンクールの打上げをし、結構、日本酒を飲んだその後、帰りのJRの車内に乗り込んだ後、お隣に座ったA田くんと一杯だけ飲んでしまいました。

 車内で飲むのにいいお酒と、池野屋酒店のおやじさんに相談したところ、薦められたお酒でして、そのときに、おやじさんから紙コップもいただいたのであります。

 その翌日21日(月)、函館から札幌に向かう車内でも、一人酒を楽しみまして、残った分は自宅冷蔵庫に保管してましたが、先日、飲みきりました。

 最後まで、香りよく、米のコクもあり、さすが純米大吟醸。おいしゅうございました。

今年もきんちゃんでコンサ納会!

 12月3日(土)、コンサドーレ札幌がJ2で3位となり、来季のJ1昇格を決めた日、今季のコンサ仲間の納会を行いました。

きんちゃん

 場所は、もちろん、「鳥のきんちゃん」。トリノオリンピックでは、「トリノ金」ちゃんで、TVなどでも紹介された、路地裏の名店です。かつて、「どさんこワイド」でも紹介されてます。

 manabeeも、ずっとお世話になっており、今年、めでたく開店35周年を迎えたところです。

きんちゃん35周年 

 上の写真は、8月に撮影したものです。

 試合は、14時30分に終了しましたが、サンクス・ウォークなどを観ていましたら、きんちゃんに到着したのは、お約束の16時をとっくにすぎておりました。
 
ハム

 カウンターのみのテーブルには、まずは、卵焼きやハムのオードブル、サラダ、おつまみのお豆などが所狭しと並んでました。

サラダ

 まずは、ビールで、乾杯!「1年間おつかれさまでした。」「J1昇格おめでとう」など、いろいろな気持ちを込めて!

 ビールでのどを潤し、おつまみを食べていましたら、お刺身が登場。写真の盛り付けで一人分です。焼き鳥屋なのですが、なぜか、刺身も毎回うまいので、不思議です。

刺身

 さらに、お通しがわりのサラダもとてもうまくて、manabeeの大好物であります。
 
 この日は、料理おまかせで、飲み放題で、3500円ぽっきり。

 日本酒好きのmanabeeが、「封空けてある日本酒でいいのでお願い」と申し上げますと、写真の4本が出てきて、好きに飲んで、ということであります。

日本酒 
 
 右から、福島の「大七 生酛 辛口本醸造」、宮城の「浦霞」、北海道増毛の「国稀 鬼ころし」、山形の「六歌仙 超辛 端麗+12」であります。

 知る人ぞ知る、地酒の銘酒ばかりです。本醸造系なので、おそらくバリュー、きんちゃんの焼き鳥に合います。実は、帰るまでには、さらに数種類飲みました・・・。 

 ここまでで、お腹はそこそこ”いっぱい”なのですが、お次は鍋。今年は、スペースの関係もあり、一人一人取り分けてくれました。特製「かじか鍋」であります。

かじか汁 

 焼き鳥屋なのに、これが、またうまい!

 結局、帰るまでに、2杯食べた後、うどん入りで、もう1杯食べてしまいました。

 この日、参加したのは、たっきー、えんくにさん、M野さん、F島親方とmanabeeのS席仲間5人に加えて、私と同い年とはおもえず、かわいらしいジェフさん、同職種になってしまったS田さん、元同職種のH野さん、それと、コンサドーレ札幌を支援する札幌市職員の会のI島会長の総勢9人でした。

 常連のジャンボさんとその仲間たちもいらしてましたので、店内は超満杯でした。

漬物 

 かじか鍋の後は、本業の焼き鳥盛り合わせ(写真は食べた後なので、じっさいは、山盛り出てきてます。)

 さらに、自家製の漬物まで出てきまして、当然、食べきれるわけもなく・・・。もったいないけど、やはり、お腹にも限界が・・・。

 きんちゃん、2011シーズンもお世話になりました。この日も5時間近く飲んで食べてましたが・・・。

 2012シーズンは、J1のため、試合は原則土曜日に開催されます。

 試合の後は、当然、”きんちゃん”ということになりますので、忙しくなると思いますが、なにとぞ、よろしくお願いいたします。

鳥太郎、今夜もありがとう!

 「忍び泣く恋を、ワワワワー!包む夜霧よ、ワワワワー」

 「夜霧よ今夜もありがとう!」ならぬ、「鳥太郎、今夜も、ありがとう!」ということで、12月2日、残業の後、鳥太郎北口店におじゃましました。

 今回は、常連である、私の幼稚園の後輩である「赤いスイス製のジャー」さんとツーショットです。(二人とも妻のある、普通の男性です!)

 まずは、ビールを一杯。2杯目からは、高瀬店長おすすめの日本酒に移行しました。

呑平

 はじめに出てきましたのは、「まんさくの花 限定純米吟醸 雄町55」と「月の輪 吞米(どんべい)」であります。

 のんべえのmanabeeとしましては、にごり酒が気になりましたが、香り吟醸好きとしては、まんさくの花では珍しい雄町米の55%精米、香りよし、濃い味わいよし、ということで、「まんさくの花」をセレクトさせていただきました。 
  
扶桑鶴 

 2杯目は、「越乃景虎 純米しぼりたて」か「扶桑鶴 純米にごり酒」であります。

 景虎のラベルのイラストと「昔ながらの槽口から滴り落ちてくる生まれたての、新酒」という名セリフに心が動きます・・・。

越乃景虎

 しかし、ここは、島根で売出し中の地酒「扶桑鶴」と1杯目で選択しなかった「にごり酒」に敬意を表して、「扶桑鶴」をセレクトしました。

 いいでしょう!枡にいっっぱいの「にごり酒」。純米であり、濃くて、うまい!
 
どぶろく 

 3杯目は、「八海山 しぼりたて原酒生酒 越後で候」と「土佐しらぎく 特吟」。高瀬店長は、究極の選択をせまってくるかんじ。

 実は・・・。2種類とも飲んでしまいましたあ。ということで、ここまでで、4合は飲んでしまっております。

越後で 

 ここで、カウンターから席に移動しまして、青森で後輩さんのために買ってきた「蔵人 20BY」の四合瓶を取り出しまして、軽くもう一杯。本当は持ち込みはNGですが、特別。

 美味しかったですが、酔っ払っており、不覚にも、写真を撮り忘れてしまいました。

刺身 

 お刺身もうまかった!

 ここで、御年50を迎え、酒が弱くなってきた私は退散。ジョッキでビール一杯、お酒を5合も飲んで、何言うて万年と突っ込まれるかもしれませんが、JRのあるうちに、JRと徒歩で、なんとか帰宅いたしました。

 知らないうちに、お店のお姉さんとのツーショットもデジカメに入っているし、なにをやっているか、自分でも少し不安になりました。お金は減っていたので、払っているはず。少し自重しないとねえ。

賀茂鶴 秘蔵熟成酒

広島の酒どころ訪問の締めくくりは、有名な「賀茂鶴酒造」をご紹介しましょう。

岡村商店 

 実は、JR西条駅を降りて、まず目に入ったのが、「岡村酒店」でありました。

 そこで3本の日本酒を購入させていただいたのですが、そこで購入した1本が「賀茂鶴 秘蔵熟成酒」。
 
秘蔵熟成酒  箱  裏ラベル

 金色に輝く箱に入っており、いかにも秘蔵ってかんじですし、岡村商店ででしか買えないお酒?のようでした。

 純米吟醸の無濾過原酒を8年も蔵内に貯蔵した、いわゆる「古酒」です。

 K区時代にもお世話になっている直属の上司K様のために買ってきたものです。それを11月25日、総勢9人くらいが集まる「ユックの会」で味わいました。 

銘酒たち 

  K様が山口から買ってきていただいた「獺祭 純米大吟醸 」や私が青森で買った「亀吉 特別純米辛口酒」と一緒に楽しみました。泡盛の「花酒60度」の超小瓶も少しだけ。
 
 どれも個性的で素晴らしいお酒で、かなり酔っ払いました(笑)

蔵2 蔵 

 肝心の賀茂鶴酒造でありますが、赤レンガの煙突となまこ壁が特徴的な大きな蔵が立派です。

賀茂鶴の水 煙突となまこ壁

 賀茂鶴の仕込水は、「福紙井戸」というようで、無料のため、その水を汲みにきている方々がたくさんいらっしゃいました。

試飲  

 真夏なので酒造りはしてません。資料館みたいなところで10種類以上かな、置いてあるお酒は自由に試飲できました。

資料館

 資料館の入り口にかかっていた暖簾(のれん?)には、「酒王 賀茂鶴」。自信のほどがうかがえます。

銘酒の数々

 結局全部飲んでしまったような記憶ですが、「秘蔵熟成酒」を購入済みだったことから、ぼこちゃんのために、うすにごり美発泡純米酒「蜃気楼」を一本だけ購入させていただいたところであります。

 これは、まだ冷蔵庫に入っているので、飲んだら感想をUPします。
 
本社 

 本社の玄関は洒落た洋館となっています。ちょっと不思議?シルクハットを被った紳士が社長さんだったのかなあ、なんて、想像が湧いてきます。

稲穂 

 広島の酒米の稲穂を展示していたり、精米した米を展示したりと、西条屈指の酒蔵として、品質本位で、がんばっておられると痛感させていただきました。

 もっと時間があって、冬で、実際の酒造りを見学できると楽しいなあ、なんて贅沢な夢を考えたところです。

米

 でも、パートナーのぼこちゃんはほとんどお酒が飲めない体質で、特に日本酒が苦手なので、一緒に、酒蔵見学をして、試飲して、お酒について語り合って、なんてことは120%できないので、ちょっと悲しい・・・。

 息子の嫁がお酒飲める方だとうれしいなあ。こうなったら、そこに夢を託すしかないか・・・。

J1への昇格、決めたあ!

 2011シーズンの最終節、コンサドーレ札幌が、J2優勝を決めているFC東京相手に、2-1で勝利をGETしましたあ。 

 札幌ドームでは、前売券が完売し、過去2番目に多い39,243人が詰めかけました。いつもはガラガラのS指定席も満員御礼。勝利を決めた瞬間は、総立ちとなりました。

超満員

 manabeeは前日飲みすぎまして、不覚にもキックオフに間に合わず、少し遅刻してしまいました。その代り、並ばないでスムーズに入場できましたが・・・。

 また、”GOODS★JAM DOME SHOP”で、私もレコーディングに参加した日本ハムファイターズの「大空と大地の中で」プロジェクトのCDを誰もいない店内に入って、余裕で購入できました。すみません・・・。ちょうど良かったです。

ドールズ1 ドールズ2

  試合は、個人技で勝るFC東京に対して、辛抱強く、集中した守備を見せていました。

 そんな中、前半40分に、砂川、古田とつないだパスを内村が決めてくれて先制。みんなで飛び上がって喜びを爆発させました。

 さらに、前半のロスタイム47分、古田から近藤へとつなぎ、再び内村がゴール端に決めて追加点。さらに歓喜に包まれました。

 まさかの2-0で前半終了。4位の徳島と岡山の戦いは0-0で戦半終了でしたので、かなり期待がたかまりました。

 ハーフタイムのドールズのダンスも楽しくうれしく見ることができました。

勝利 

 後半69分には、咋シーズンまでコンサドーレに在籍していた上里が途中出場。80分にゴール前の混戦のなかから1点を返されますが、集中して守り、そのまま逃げ切りました。

勝利の喜び 

 サンクスウォークが控えていますので、勝利の後は、再び、ドールズのラインダンスやパフォーマンスで盛り上がりました。

コンサファミリー勢揃い 選手たち

 サンクスウォーク前には、コンサユースなど、コンサファミリーが勢揃いして、今季の総括とJ1昇格を喜び合いました。

サンクスウォーク 

 後援会が選ぶMVPには、キャプテンの河合選手が選ばれました。河合がボランチに定着して、チームが落ち着いたのは間違いありません。来季のJ1での戦いにも絶対に必要な選手です。

サンクスドールズ サンクス

 ここでもドールズ。勝利の女神たちははずせません。本当に一所懸命に応援してくれます。最後には、いつも「ありがとうございました」と言ってくれます。こちらがお礼を言わないといけないくらい、素敵なダンスをいつも披露してくれますね!

 ありがとう!1年間おつかれさまでした。来季もよろしくお願いします。

胴上げ 

 最後は、胴上げで締めくくられました。先週の皆さんたちには、お礼を言いたい。いい夢をみさせていただきました。また、感動をありがとうございました。涙もろいmanabeeは思わず・・・。

 節目となった、室蘭での横浜FC戦岡山でのファジアーノ岡山戦。二つの敗戦をスタンドで観戦した記憶が鮮やかに蘇ります。

 岡山は、あちらのホームで0-1でコンサを破ってくれました。最終節では、ライバル徳島も
0-1という同じスコアで破ってくれました。結果論でありますが、岡山のおかげで、コンサは勝たなくても昇格ではあったのです。岡山も良いチームだったと思いますし、スタジアムもすごくきれいでした。一生の記憶に残ります。
 

 選手たちは本当にがんばってくれました。来季はJ1で旋風を巻き起こしましょう。


 第38節 12月3日(土) VS FC東京 ドーム ○2-1 39,243人 勝点68 3位

2011年12月

 2011年も残すところ、あと1か月。

 歳を重ねると月日の経つのが速くなるといわれていますが、そのとおりですねえ。本当に速いです。

 札幌市役所声友会合唱団は、全日本合唱コンクール全国大会において、悲願である「金賞」を受賞することができました。

 ファイターズはパ・リーグで3位に終わって、2011シーズンはあっさり終わってしまった感があります。

 コンサドーレ札幌は、あと1試合を残して、J2リーグで3位。ライバルは4位の徳島ヴォルティス。12月3日(土)のFC東京戦で、何が何でも勝利して、J1昇格を勝ちとってもらいたいです。選手・サポーターみんなで一緒に、J1に行きましょう!

 ぼこちゃんは、12月17日に岩見沢で開催されるゴスペルの コンサートに出演することになっています。

ヘブンリィ岩見沢 

 いろいろありますので、なんか苦労させられているような気もしないではないですが、来年の11月下旬で結婚25周年。”くされ縁”ということで、あきらめるしかないかな・・・。

プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。