灘の酒「徳若」

  昨年11月、灘の酒蔵めぐりで、大関の次に訪れたのが、「万代大澤酒造」であります。 

 「あいたい兵庫キャンペーン」の関連企画として、11月6日~12月25日、土曜日限定で無料運行されるという「ゆるりみちくさバス」のHPに酒蔵が掲載されており、大関や日本盛、白鹿などと一緒に、地元の人しかしらないのではないかという「万代大澤醸造」と「大澤本家酒造」の両蔵元掲載されていました。

徳若の酒蔵前

 どうも二つの蔵元さんは隣り合っており、元は一緒だったような・・・。

 大関甘辛の関寿庵から歩いて行くと、先にあるのが、万代大澤醸造なので、そちらに、立ち寄りました。

 土曜日には混んでいたのでしょうが、私たちが行ったのは日曜日の午後でしたので、お客さんはいませんでした。試飲をしているうちに、地元の方々と思われるお客さんが数組きたので、地元に愛されているというのが良くわかりました。

徳若しずく酒  大吟醸うらラベル

 いろいろ飲ませていただきましたが、うれしいことに送料が500円とのことで、一緒に訪れたK山くんと一緒に頼み、私の自宅に送っていただくこととしました。

 私が頼んだ一本は、「斗瓶囲い しぼりたて 大吟醸 しずく酒」であります。香りが良くて、さすがにうまい。さらに原酒であり、濃いけどキレもあるというかんじでした。

 南部杜氏が仕込んでいるとのことであります。

徳若 純米吟醸  徳若ラベル 徳若うらラベル

 続きまして、 「純米吟醸」であります。通常、四合瓶で、1,500円のようですが、前日の「ゆるりみちくさバス」のお客さんには、1,200円で提供したとのこと。日曜日でしたが、HPから出力した「ゆるりみちくさバス」のチラシを見せたら、特別に、1,200円にしてくれました。

 これが、香りと味と値段のバランスが一番良いお酒ですねえ。大吟醸だと高級すぎるし、本醸造や純米では、普段の酒すぎる。蔵の力は純米吟醸でわかる気がします。

 アルコール度数が17~18度ということで、書いていませんが、原酒のようでした。

 インターネットの情報によると、普通酒一升900円が、うまいらしいです。普通酒でも、糖類などは添加していないようです。

 二つのお酒は、別々の日に、「振る舞い屋」さんに持ち込ませていただいて、おいしくいただきました。この酒は、大吟醸でも純米吟醸でも、山吹色がかって古酒のような風格もあります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる