日本酒3種飲み比べ

 1月20日(木)、南区真駒内にある朝日鮨に日本酒を持ちこんで、飲み比べすることができました。

日本酒3種飲み比べ 

 朝日鮨さんは、知る人ぞ知る穴場のお寿司屋さんのようで、こんな住宅街にお寿司屋さん?みたいなところに普通に建ってます。

 この日は、飲み放題付きで5000円の宴会コースを頼み、持ち込みOKをもらい、6人でおじゃましました。ビールは生ビールのサーバーが置いてあり、最初の1杯はお店の方が注いでくれましたが、後は、自由に、あるだけどうぞ!というかんじでした。

 日本酒3本とワイン1本を持ちこんでしまったので、結局、ビールは最初の一杯しか飲みませんでしたので、もったいなかったです。

越後桜 大吟醸 

 I部長が持ってきてくれたのは、新潟県阿賀野市山口町にある越後桜酒造さんの「越後桜 大吟醸」であります。山田錦を50%精米で100%使用しているようです。

 コープ札幌でも見かけたことがありましたが、香りが高く、新潟の酒らしく淡麗辛口です。普段の晩酌に飲むとリッチな気分が味わえると思われます。

李白 雄町純米吟醸 

 東急百貨店で見つけたお酒がコレ。島根県松江市の李白酒造のお酒です。李白は、結構有名なお酒だと思います。

 「純米吟醸 雄町 生原酒」の花酵母仕込みです。

李白うら 

 雄町米を55%精米し、東京農業大学短期大学部酒類学研究室により蔓薔薇(つるばら)の花から分離された花酵母(HNG-5)を使って醸しています。

 同研究室出身の醸造者のいる蔵元を中心に花酵母による酒造りが進んでおり、花酵母研究会なるものがあるようです。

 香り吟醸好きのmanabeeとしては、花酵母大歓迎です。佐賀の酒、「天吹」で、花酵母を知り、見つけたら飲んでいるところであります。

和田来 純米大吟醸 

 もう一本持っていったのが、「和田来 亀の尾 純米大吟醸」であります。

 「田」んぼからとれた米原料に、醸し出した純米大吟醸酒とともに、「和」みがやって「来」る。ということであります。

 山形県鶴岡市大山にある渡會本店のお酒です。400年の歴史があるという「出羽ノ雪」の蔵元さんです。

和田来うら

 「出羽ノ雪」は私も飲んだことがある記憶です。

 その渡會本店が近年新しく立ち上げた銘柄が、「和田来」です。宮の沢にある「リカーショップわたらい」で購入することができます。

 香りも良く、深みがあって、しっかりとした、いい酒です。そして、結構バリューです。

朝日寿司 

 たくさん飲んだ締めには、職人さんが来て、その場で、好きなお寿司を握ってくれます。

 まずは、大好きな”いか”、そして、朝日鮨さん、イチオシの”シメサバ”そして、これまた、大好きな”いくら”をいただきました。その後も、食べてしまい、私は、計9カンいだたきましたが、15カン食べた方もいらっしゃいました。

 まだまだ、ネタはあったのですが、9カンで十分です。ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる