鳥太郎北口店ばんざい!

 3月18日の夜、店長の隠し酒が素晴らしい、鳥太郎北口店に、おじゃましました。

八仙  出羽桜

 新潟の夜をご一緒させていただいたメンバーで、札幌でも飲もうということになったのであります。新潟の夜は、うまい日本酒だったので、日本酒のうまい、鳥太郎北口店を選んだのであります。

 ビールを一杯飲んだ後、私はさっそく日本酒へ。

 上の2種類を味見しましたが、陸奥八仙をいただくことにしました。特別純米の無濾過生原酒の中汲みです。八戸酒造で造っているお酒です。

 香りがちょうどよく、飲みごたえも十分。食事に合う、おいしいお酒ですねえ。

志太泉  明鏡止水
 
 ご一緒させていただいたT係長さまは、「志太泉の純米生原酒」と「明鏡止水のおりがらみ吟醸」を試飲しまして、「明鏡止水」を一杯。

きりんざんと神亀 

 つづきまして、H課長は、すっきり辛口をご希望。「きりんざんのぽたりぽたり」と「神亀の手作り純米辛口」が出てきました。

 H課長は、「きりんざん ぽたりぽたり」をセレクト。純米吟醸の生原酒ですねえ。正直、かなりうまいです!香りもよくて、でも、すっきり。

 私は、せっかくの封開けでしたので、神亀の辛口純米を一杯いただくことにしました。酸味やお酒くささがばらばらでありながら、いいかんじだったのですが、飲み進めるうちに、空気に触れてなじんだのでしょう、それぞれの味が融合して、さらにおいしくなってきてました。

くどき上手と雨後の月 

 ここでお楽しみということで、「くどき上手の出羽燦々33」と「うごのつき 雄町無濾過生原酒」が出てきました。

 どちらも、とてもおいしかったのですが、店に入ったときから、店長に見せられていた「くどき上手」をいただきました。

 なんと年1回3月にしか発売されない限定酒。2200本しか出荷していないようです。

 山形の新しい酒米「出羽燦々」を33%まで超高精米し、こだわりの小川10号・山形KA酵母で鑑評会出品用に仕込まれた純米大吟醸酒であります。

 33%精米、3月3日に発売、定価3,333円(税別)と「出羽燦々」にごだわった名酒で、この値段では絶対に元はとれないという、うれしいお酒でありました。

 もう少し飲んだような気もするのですが、酔っ払いまして、写真撮影はここまで。

 どうも転んで、携帯を傷つけたようです。メールはつながってますし、ワンセグも見れました。ディスプレイも大丈夫ですし、マイクロSDに入っている画像も問題なし。でも、外観に大きな傷跡が・・・。

 飲みすぎには注意しないといけないなあ、と痛感しております。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる