豊香(ほうか) 純米原酒 生一本

 12月24日のクリスマス・イブの夜、礼拝の後、時間がありましたので、久しぶりに、「銘酒の裕多加」に行きました。

 教会から近かったので、車は駐車場に停めたまま、歩いて行ってみました。

 いろいろありすぎて迷ってしまいましたが、やはり新しい酒にチャレンジということで、初めてみる銘柄「豊香(ほうか)」にしてみました。

豊香 

 純米吟醸などもあったのですが、もう一本、辰にちなんだお酒が買いたかったので、バリューに、「純米原酒、生一本」にしてみました。

 国税庁のHPによりますと、「生一本」とは、「自社の単一の製造場のみで醸造した純米酒」のことだそうです。

 小さな地酒の蔵は、ほとんどが「生一本」のような気もしますが、こだわりがあるのかなあ。

ほうか 

 醸造元は、長野県岡谷市の「株式会社豊島屋」。いろいろと手広くやっている企業のようですが、諏訪湖の地酒「神渡(みわたり)」という酒を造っている蔵元さんが、こだわって造っている銘柄が「豊香」のようです。

 その名の通り、70%精米とは思えないくらい、豊かな香りがします。原料米は国産としか書いていませんので、値段から考えると、「山田錦」とか「雄町」とかの高い酒米は使っていないはずです。

 12月30日と31日、函館で親父さんと飲みましたが、豊かな香りが心地よく、味も乗っているかんじのお酒で、四合瓶で1,155円なので、相当バリューなお酒です。
 
 純米吟醸も、ぜひ飲んでみたくなりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる