スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純米大吟醸原酒 香梅 雫

 4月30日、移転リニューアルオープンした「振る舞い屋」におじゃましました。

 古川マスターがとても良い方なので、昔から4人以内の飲み会のときに、利用させてもらってます。

 私も、4月の異動で大通に戻ってきましたので、4月だけで、3回ほど利用させてもらってます。

 今回は男4人でおじゃましましたが、頂き物のレア日本酒を持ちこませていただきました。

香梅 雫 1 木箱にはいってます。

 純米大吟醸原酒「香梅 雫」であります。

 山形県米沢にある香坂酒造さんのお酒です。

 ここの銘柄が、「香梅(こうばい)」のようで、その純米大吟醸酒を原酒で雫取りしたお酒が、このお酒だと思われます。香坂酒造のHPによれば、一升10,500円也。

 山田錦を40%精米。KA山形酵母を使っているようです。日本酒度+3.5、アルコール度数は、16~17度のようです。 

 さらに、HPでは、
「気温-10℃にもなる極寒の中「香梅」は仕込まれます。
『すべてを手造りで』にこだわる香梅は、仕込み米を素手で洗う作業から始まり、できあがったお酒に手でラベルを貼る作業まで、全て手作業で行います。
造りはその時々の状態を、『見て・触れて』判断するため、泊まり込みで行われます。
まるで、我が子を慈しみ育てる想いで造られたお酒です。」とあります。

 昔ながらの手造りで、丁寧に仕込まれているお酒なのだと感じます。

 1月にいただき、自室に常温保存(といっても、カーテンをあけず、冬はストーブつけないので、10度以下の冷暗所になってますが・・・)で、保存してました。

 その前がどのように保存されていたのか疑問?だったので、どのようなお味になっているか心配してました。でも、純米だし、原酒だから、いいかんじになっているものと半分期待を・・・。

 まずは、開栓の音がよかったです。豪快に器に入れていただきました。

 香りは、華やかというよりは、ほんのりとした(大人の)吟醸香。原酒の力強さというよりは、非常にきれいな酒質でありました。

 保存状態の悪さは裏目に出てしまって、少し雑味が出てしまったようなかんじに。もっと、きれいなお酒だったのだろうなあ、と申し訳なかったです。

 でも、そこいらの酒よりは断然美味しかったです。4人で、あっという間に、一升飲んでしまいました。

香梅 雫 2 木箱を開けるとこんなかんじ。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。