小樽たかの「隠れ蔵」

 先日、雑誌を読んで気になっていた小樽の酒商「たかの」に行く機会がありました。

 小樽市稲穂1丁目1-6、サンモールの南の端の角にあります。

小樽たかの 

 1階は、全国各地の銘酒が並ぶ酒屋さん。17時から、その2階が立ち飲み屋さんになります。

隠れ蔵 

 その名も「隠れ蔵」。

 まず、1,000円でチケット10枚を購入。お通し代として3枚を大将というかマスターというか店主にお渡しします。

お通し スズキ鰹醤油

 出てきたお通しがこれ。なんと、これで一人分です。お通しだけで何杯でもお酒がすすみそうです。そのとき、あるものを出してくれるようで、別なグループの方々には、みがき鰊が出ていたり、まちまちでした。ノーベル賞受賞の鈴木先生のご実家で造った「鰹醤油」でいただきます。
 
お酒たち 

 残ったチケットは、7枚。これを使って、お酒を飲んでいきます。

 写真の冷蔵庫の中には、美味しそうな地酒が一杯。1階で売っているものを上にあげてくるようで、原価に近いのではないかと思います。

このたくさんの銘酒の中から飲みたいものをセルフサービスで取り出して、マスターに注いでもらうシステムです。注ぎ終わったお酒は、これもセルフサービスで冷蔵庫の中に戻すことになります。

きりんざん  きりんざん裏  

 最初の一杯は、マスターのおすすめで「きりんざん ぽたりぽたり」。しぼりたての生酒です。

 一杯400円と超バリューです。最初に、ここらへんのところをススメていただくのが、良心的というか、商売っ気があまりかんじられないというか、お酒を愛しているマスターだなあ、と気づかせていただけます。

開運 

 一緒に「たかの」を訪れた日本酒好きのお仲間さんは、「開運」500円をセレクトしました。

 ラベルのところにはってあるシールが一杯のお値段になります。

御湖鶴と夜明け前 
 
 私の二杯目は、東京の「はせがわ酒店」がおすすめだった「御湖鶴 金紋錦 純米大吟醸」であります。900円と隠れ蔵では最上級クラスのお酒です。ここで、追加のチケットを購入(10枚単位です)。

 さすがにおいしい。高級な白ワインのようです。「ライスライン」を実感できます。

 もう一杯は、「夜明け前 純米吟醸」。こちらもおいしい。400円はバリュー。

きのこ 

 私たちの入った後で、いらっしゃった常連さんから、自家製のきのことワインの差し入れをいただいてしまいました。きのこ博士と思いきや、いろいろな特技をお持ちのかたのようでした。

渡船と翠露 わたりぶね裏

 3杯目は、「渡舟(わたりぶね) 純米吟醸 ふなしぼり 生詰」と「翠露(すいろ) 純米酒」をいってみました。

 「渡舟」は、茨城県石岡市の酒蔵「府中誉株式会社」さんのお酒。山田錦の祖先にあたる酒米「渡舟」を復活栽培し吟醸造りした銘柄のようです。生詰だし、吟醸香が豊かで、芳醇な味わいでした。そろそろ酔っ払ってますが・・・。

 「翠露」は、信州諏訪の舞姫酒造さんのお酒。限定販売の銘柄のようで、舞姫酒造さんのHPにも詳細は出ていません。なぜか札幌東急百貨店にあって、何回か飲んだことがありますが、芳醇な旨口のお酒です。manabee好みです。

死神と田酒 死神の裏  

 失礼ながら、お客さんなんて、あまりいないのではなんて話していたのですが、次から次と入れ替わり立ち替わり、お客様がいらっしゃいます。

 開店の17時前から3時間以上?いたせいもあるのかもしれませんが・・・。

 常連のおじさまが、マスター高野さんにお願いしたところ、て、1階から持ってきて、封開けしてくれたのが、「死神」と「田酒」。400円と700円。バリューだなあ、やっぱり。

 「死神」はインパクトありますねえ。島根県の加茂福酒造さんの古酒のようです。

 「田酒」は、「たかの」さんでも、やはりなかなか入ってこないようで、希少価値大のようです。実は、昨日に2年以上ぶりに訪れた石狩の鎌田本店では、同じ西田酒造の本醸造系の「喜久泉」とセットで、5000円代で売ってました。単品ではないようですが、計算では、2800円くらいになりますねえ。鎌田本店もさすがです。

梅酒にごり 子宝リニュール こってり梅 梅酒大会優勝

 そろそろ、「藪半」で、”そば屋酒”でもと言ってはいたのですが、次々と、はずせないお酒がでてくるので、結局、「藪半」は次の機会となりました。

 最後に飲んだのは、全国梅酒大会で優勝したという、日本一の梅酒であります。

 まさに、とろりとした上質な梅を飲んでいるみたいです。二口目からは、とろみが軽くなり、日本酒っぽくなってくるのが不思議です。これは1回は飲んでみる価値ありです!

 写真を撮り忘れましたが、途中で、大きな「冷ややっこ」をいただきました。お通しの追加のようです。しかも、一人に一丁ってかんじ。これだけ飲んで食べて、二人でチケット5セット5000円頼んで、なんとチケット3枚余ってしまいまして、次回にどうぞ!

 というかんじで、小樽の「隠れ蔵」を満喫した師走の夜でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる