大和ミュージアム

 男の子(おじさんだけど・・・)なら、ほとんどの方がうれしくなる施設をご紹介しましょう。

 大和ミュージアム、正式名称は、呉市海事歴史博物館かもしれません。

大和ミュージアム

 戦争は好きではありませんが、「戦艦大和」にはあこがれがありますし、TVアニメ「宇宙戦艦ヤマト」をリアルに見ていた世代としては感慨深いものがあります。
 広島を訪れたのは3回目でしたが、1回は、呉まで足をのばす機会に恵まれたところです。

大和1 

 目玉はやはりこれ!10分の1スケールの戦艦「大和」です。

 言わずと知れた、戦艦「大和」は、昭和16年(1941年)12月、呉海軍工廠(海軍直轄の工場)で、当時の最先端技術の集大成でありながら極秘裏に建造された世界最大の戦艦。

大和3 

 しかしながら、ほとんど活躍することもなく、昭和20年(1945年)年4月7日、沖縄特攻作戦に向かう途上、米艦載機の攻撃を受け沈没してしまいました。そこが、男の”ロマン”を掻き立てるのですねえ。

大和2

 正直、10分の1ですが、でかいです。26.3メートルもあるそうです。この10倍の大きさなんだあ、と思ってみたのですが、想像できませんでした。

実物大 外 
 うーん!カッコイイ!1時間でも2時間でも時間が許せば、ずっと見ていたかったです。

大和5

 そのほかに、1階の大型展示室には、「零式艦上戦闘機62型」(いわゆる「ゼロ戦」)やそのエンジン(これは、中島、いまのスバル製)が展示されています。

零戦1 零戦2

エンジン エンジン看板

 また、人間魚雷「回天」10型の試作型、なんて、悲しいものもあります。人間魚雷ですので、いわゆる特攻で、突っ込んで散っていくということですよねえ。
 特殊潜航艇「海龍」というのもありました。貴重な実物です。

零戦3 魚雷
感の外に出ますと海上自衛隊の現役の艦が停泊しているところを見ることもできます。

呉港 

造船の町であり、軍港でもあったのです、呉港は。
一度行ってみる価値はあるミュージアムだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる