連続ドラマ「スープカレー」

 健康増進のため、少しでも歩数を稼ごうかなあ、と思い、遠回りになり、階段もありますが、早起きしたときは、地下歩行空間を歩くことにしました。 

 そこで、目にした、かなりスペースを取った”バンセン”が、HBC(北海道放送)の開局60周年を記念して制作された「スープカレー」でした。 

スープカレー

 深夜の時間帯で毎週30分。10話で完結する連続TVドラマのようでした。  

 北海道のローカル演劇ユニット”TEAM NACS”のメンバーが5人揃って出演するというのも初めてですし、5つの話が別々に進んで、最後に融合していくというストーリーもかなり魅力的に感じました。

 大学時代の同級生だった5人の仲間がアラフォー世代となったという設定も大学時代から共に演劇をしてきた”TEAM NACS”と重なります。
 
デパート 森崎
 
 敏腕の百貨店員(和田真悟)に、リーダーの「森崎博之」。

 会社を辞めると決めた男。

俳優 安田

 売れない役者で専業主夫(浦田博史)には、「安田顕」。

 夢をあきらめなかった男。
 
塾 戸次

 禁断の恋を妄想する塾講師(三浦雄二)には、「戸次重幸」。

 年の差の恋に揺れる男。

葬儀 音尾

 冠婚葬祭プランナー(平目清)は、「音尾琢真」。

 マイホームの為に生きる男。

料理 大泉

 テレビで人気の料理研究家(五十嵐精二)には、「大泉洋」。

 スープカレーを愛する男。

スープカレー

 という配役がなされ、それぞれの人生を歩む彼らは、毎日を必死に生きて闘っているらしい。札幌を舞台に、かなり楽しめそうな物語で、とても楽しみです。

 そして、地元の作品が全国に出ていくってかんじで、とてもうれしいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる