かもし家 淳吟

 先日ご紹介した「愉蔵」の後は、地下鉄南郷18丁目駅から徒歩5分くらいのところにある、居酒屋さん?「かもし家 淳吟」におじゃましました。

お通し 

 酔っていたのか?、外観を撮影するのを忘れてしまったので、いきなりお通しから。

磯自慢と東洋美人 磯自慢うら

 「愉快」で日本酒からスタートしていたので、やはり、ここは、ビールではなく、日本酒を。

 私は、思い出の「磯自慢 しぼりたて本醸造」を。ご一緒していただいた方は、「東洋美人 雄町」を。

うれぴー 注ぐ
 
 「磯自慢」を手に喜んでしまいました。

 静岡のお酒は香りがいいなあ。社会人になってすぐの、昭和の終わり頃、今は亡き、琴似の「甚八」で飲んだなあ。

 「東洋美人も飲んでみるみたっいすよ~!」

 山口県萩市のお酒。これは、赤磐雄町を50%精米したお酒みたいっす!うまい!

お刺身 
 
 ”いか”と”まぐろづくし”をいただきました。manabeeは、函館出身のため、”いか”が大好きです。”いかリングフライ”なども、相当好きです。

九平次と御湖鶴 御湖鶴うら

 次のお酒は、大好きな「醸し人九平次」の「純米吟醸 山田錦 別注うすにごり生原酒」と「御湖鶴」の「山田錦 純米吟醸 Girasole(ジラソーレ)」。

 どちらもmanabeeに、どストライクであります。

うきうき山本 うきうき裏

 「うきうき 山本」という見慣れないお酒。

 裏のラベルも撮っててよかったあ、というかんじですが、秋田県のお酒らしいっす。

 新しいだろう「吟の精」という酒米を使い、秋田酵母「AK-1」で醸した、春らしい「うすにごり」です。醸造責任者が「山本」さん、なのですね。

 少しネットで調べてみますと、前に、琴似の「風」さんで飲んだ「ど」というどぶろくみたいなお酒を醸している蔵元さんのお酒でした。

新政  新政うら

 締めは、気になった「新政」。「特選 別誂」のようです。うれしいことが裏のラベルに書いてありました。

 あの「協会6号酵母」=「新政」の蔵で採取されたものが母体なのですが、それを100%使って秋田県産米のみを使っているとのこと。75%精米と精米歩合はそろほど高くはありませんが、味がある純米酒です。

 秋田の酒は”甘口”。それは、ベタっとした甘さではなく、うまみが凝縮されたかんじだと思います。

 「かもし家 淳吟」さん、また、行きたいですねえ。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる