北海道地酒フェア2012

 10月10日、昔でいえば「体育の日」、18時30分から、札幌パークホテルの3階パークホールで、「北海道地酒フェア2012」が開催されました。

鏡開き 

 今回は、平成7年からのお付き合いとなる、M田さんと一緒です。0次会に、「小さな居酒屋めぐ」に立ち寄ってしまったので、開会ギリギリに到着してしまいました。 

 高橋知事のあいさつの後、恒例の「鏡開き」でオープニング。

お酒を待つ 

 鏡開きが終わりますと、お目当てのお酒を求めて、長い列ができました。

 が・・・、皆さん、紳士淑女なので、先を争うといったかんじはありません。

プログラム1 小林酒造  

 昨年からは、完全予約席となりまして、今年は定員550名。manabeeの席は、29テーブル4番でした。小林酒造や北の誉酒造が近かったです。

チケット おつまみ弁当

 2009年までの6年間は、「酒蔵まつり」と言ってまして、試飲会でした。

 2010年から、会費3000円となり、料理が出るように・・・。ただ、席がなく、バイキング形式でしたので、ゆっくり飲んだり食べたりできないかんじでした。

乾杯 

 乾杯のお酒は、やはり近くにある蔵元さんかな?!

 私manabeeは、釧路の福司酒造さんの「純米吟醸」(チケット3枚)。左。

 M田さんは、小樽の北の誉酒造さんの「純米大吟醸原酒呑み切り」(チケット2枚)。右。

 写真では、ほとんどわかりませんが、肉眼では、右のほうがはっきりと濃かったです。2杯ともバリューに美味しく呑めました!

瑞翔 

 私の一番のお気に入りは、本日発売という「千歳鶴 瑞翔」(チケット4枚)。「 吟風」で仕込んだ、道産米の最高峰、純米大吟醸です。

 その昔、私が学生とか社会人になりたての頃、千歳鶴の最高峰は「吉翔」=一升10,000円、その次のお酒が、「瑞翔」=一升5000円でした。

 千歳鶴直営店では、「吉翔」が一合1000円、「瑞翔」が一合550円で飲めました。

 「吉翔」は水のようで、あまりにも飲みやすい。香りが豊かで、飲み口も旨口のお酒が「瑞翔」だった記憶です。直営店では、「瑞翔」ばかり飲んでいました。

栗山監督応援杯 

 あとは、栗山町にある小林酒造では、ファイターズの栗山監督にちなんだお酒「栗山英樹 正夢」も飲めました。本醸造ということもあり、なんとチケット1枚で1杯飲めました。

 ものすごく美味しいというわけではありませんが、食事に合う普段使いのお酒でしたね。

 記念に・・・。蔵山監督を応援するという「応援杯」を500円で買ってしまいました。

超満員

 会場は、ご覧の通りの満員御礼でしたが、ゆっくり食べて、美味しいお酒を2時間にわたって堪能できました。


プログラム2 プログラム3 プログラム4

 無料の鏡開き孤も樽酒を含めて、2人で、9杯飲みました!もう少し飲めばよかったかなあ。

 来年も参加したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる