千歳鶴 純米吟醸VS吟醸

 千歳鶴の平成22年度蔵元直送「頒布会」は、平成21年5月のブランドリニューアルでお目見えした、新しい「千歳鶴」のラインナップに加え、市場に出回らない蔵出しの原酒等を加えた9本です。

頒布会ガイド表紙 頒布会ガイド2

 4月・5月・6月と月に1回届いていたのですが、9本のうち、まだ、4本しか飲んでおりません。

千歳鶴吟醸比較2 

 まずは、そのうちの2本をご紹介します。

 4月に届いた「純米吟醸」と5月に届いた「吟醸」です。6月7日に、2本同時に開栓しました。

 「純米吟醸」・・・米の力、澄んだ旨味。これぞ「千歳鶴」の純米吟醸。
 道産米(吟風?)100%、50%精米。日本酒度+2。酸度1.2。

 「吟醸」・・・淡麗爽快、すっきりとした味と香りの吟醸酒。
 道産米100%、55%精米。日本酒度+4。酸度1.2。

千歳鶴吟醸比較1

 純米吟醸のほうが、かすかに黄色くなっているのがわかります。50%精米なので、純米大吟醸を名乗ることが可能なのですが、あえて”純米吟醸”としているところに、千歳鶴のプライドがあるようです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる