小樽「たかの」が札幌にやってきた!

 あの、小樽「たかの」の「隠れ蔵」が、札幌都心部に店を出しました。12月16日のことです。

たかの札幌

 小樽は、日本酒好きなら、知っている人も多いかもしれない、本当の「隠れ蔵」です。

 manabeeは、メール会員なので、オープンのお知らせが届きまして、18日におじゃましたところです。

たかの中  

 店内は、こんなかんじ。小樽の隠れ蔵に比べて、明るく、少し広めの印象です。

八海山 

 まずは、おやじの息子さんのおすすめ、八海山の「越後で候」の「1年貯蔵」。しぼりたての原酒の味わいを残しながらも、まろやかで、あとに残らないすっきり辛口になっているような・・・。

 これで1杯500円だったような・・・。バリューすぎる。

風香 

 2杯目は、「風香」というネーミングに惹かれて。奈良の「梅の宿」の別バージョン。「神々しい葛城山の麓にいだかれて生まれた酒。いにしえから鎮座する山から吹く新しい風の香り~さんぷうか」と書かれています。まろやかな中に、ほのかな香りただよう、純米酒でありました。

三芳菊 

 つぎは、チャレンジのお酒。徳島のお酒、三芳菊の「残骸」であります。無濾過生原酒限定品。何が”残骸”かと言いますと、阿波山田錦と岡山雄町、福井五百万石、それぞれのお酒を搾った最後のところ、いわゆる「攻め」をブレンドしたお酒みたいです。

 色が濃い。ちょっと口に含むとわかりませんが、多めに口に含むと、3つの味が別々にやってきます。なかなか面白いお酒です。manabeeは、嫌いでもない。

豊盃 

 チレンジャーで締めるものなんだなあ、ということで、ここは、メール会員限定の正統派で締めることに。弘前のお酒、「豊盃」の純米大吟醸。山田錦のお母様、山田穂で市仕込んでいるようです。

 1杯たったの700円。ちょっとした高級店で飲めば、1200円はするような・・・。

 香り豊かで、ふっくらとして、まろやか、後に残らない甘さ、さすが弘前、りんごをイメージさせていただきました。文句なしに、うまい!

 これで締めて良かった!大通なので、また、ちょくちょく寄らせていただきます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる