お昼から「にゃごりん」にゃん!

にゃごりん看板 

 日本酒BAR「にゃごりん」ですが、年中無休で、土日祝は、午後2時から営業してます。

 ということで、真昼間から、おいしいお酒を飲むことができます。

冷蔵庫 

 19日、コンサドーレ札幌のプレビュー・パーティーの後、14時半くらいから、コンサ仲間3人でおじゃましました。

 まずは、瓶の「SAPPORO CLASSIC」2本を3人でシェア。しかも、「’13富良野VINTAGE」でした。さわやかに乾杯。

最初の3本

 続きまして、日本酒へ。千歳鶴の「迎春」は、間違いない美味しさでした。

 「至 純米吟醸」も、素晴らしい!佐渡の小さな酒蔵の銘酒「真稜」の純米吟醸であります。前に、一度、菊水のお米屋で購入して飲んだ記憶が・・・。

黒曜 黒曜うら 金滴 金滴うら

 次の3本は、信州銘醸の「黒曜 特別純米」、「金滴 吟風 大吟醸生酒」、「蝦夷金壽 純米吟醸生原酒」の3本。最近の金滴酒造の美味しさは格別です。昔は硬い感じがして、吟醸香も少なく、それほど美味しくはなかったのですが・・・。

かなえ かなえ うら

 次々と、快調に、飲み進んでます。象形文字でしょうか、「鼎(かなえ)」というお酒。これも信州銘醸のお酒で、美山錦を使った純米吟醸の生酒。かなりいいです!

 これは、M野さんがセレクト。

一博 一博うら

 滋賀の酒「一博」。純米の生酒。純米ですが、生酒のせいか、フルーティで、しかしながら、甘すぎず、これもいいお酒です。

なかの3本 

 ちょい高めのお酒をガバガバ飲んでしまいました。お酒の神様に悪いかも。

 このお酒たちは裏ラベルがありませんでした。左は、「鍋島」の「NEW MOON しぼりたて純米吟醸 無濾過生原酒」。さすがにおいしい。香りが良く、米の旨みが優しく感じられるお酒が好きなmanabeeとしては、うれしいかぎりであります。

 
 残りの2本は、どこかのお酒問屋さんが企画した頒布会のお酒らしいです。

 「田酒」と「霧筑波」が、55%精米の純米吟醸を醸し、飲み比べというのが第1回目らしいです。
 お米は五百万石らしい。

 第4回目まであるみたいですねえ。にゃごりんの後、訪れた「風」でも同じお酒があり、飲んでしまいました。田酒らしくないというウワサもありますが、私は比較的さらっとしていいかんじがしました。

一刀両断など しめの3本

 まだ飲むのかってかんじでありますが、飲んでしまいました。

 そろそろ味の記憶が・・・。ラベルで選んだってかんじですね。

 いやー、昼から飲みすぎましたね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる