第9回「桜、めぐりあう酒宴」

 1月31日(金)、札幌プリンスホテル国際館パミールで、第9回目となる「桜、めぐりあう酒宴」が開かれました。

第9回桜ブロ
 酒チャート

 私は、2009年6月4日に開催された第3回から参加しております。5年弱ほど前になりますねえ。

 記録をたどってみますと、その後、

 第4回(2009.11.12)
 第6回(2011.7.29)
 第7回(2012.6.15)

 と参加しているようです。今回で5回目。

 第8回はひょっとして、2013年7月だったかもしれませんが、出張か何かと重なってしまったのではないかなあ、という気がします。

桜めぐりあう酒宴 

 桜亭の真由美ママからの挨拶と乾杯でスタート!  

 今回の乾杯のお酒は、災害で蔵が大きな被害を受けた山口の「東洋美人」さんの”復活の酒”
新酒のしぼりたての生。桜本商店さんで購入できます。うれしいなあ。

酒店ブース 三井の壽ネーベ

 会場には、4つの酒屋さんのブースがありまして、そこで、ワイングラスに注いでいただきます。

 manabeeが、最初に選んだのは、桜本商店さんのお酒。福岡の「三井の寿」のネーベ。

 右から、25BY(今年の新酒)、24BY、そして、左端が、22BY。醸造年度による飲み比べ。同じお酒でも違いははっきりわかりますねえ。今、22BYは貴重なお酒。ただ、私が一番すきだったのは、24BYでした。1年良い環境で寝かせたのでしょう。バランスが良くなってます。

ブースの模様

 桜本商店さんのお隣は、地酒仙丸さん。こちらでは、同じ仙禽さんの純米吟醸生原酒を「あらばしり」、「中取り」、「せめ」という酒が搾られたところというかタイミングというか、その違いで飲み比べできました。

 「あらばしり」はシュワシュワ感、「中取り」は、やはり落ち着いている、「せめ」は、少しクセが出てきますが、十分おいしい、と、こちらも、その違いがはっきりわかります。面白いですねえ。

 そのほか、秋田の浅舞酒造さんの生酛純米大吟醸「夏田冬蔵」を常温とぬるめの燗で飲み比べできました。常温でも、すごく美味しいですがぬるめの燗は最高ですねえ。落ち着きます。

マルミ、七蔵 仙丸、桜本
 そのほかにも、群馬の町田酒造さんの飲み比べや、「田酒」と「五橋」の純米大吟醸の飲み比べなんていうのも、楽しみまして、十分楽しんだところです。

 次は、記念すべき10回目。いつになるのか分かりませんが、楽しみにしております。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かなちゅう

Author:かなちゅう
2002年7月10日からHPを開設してきましたが、PCの調子が悪く新しくしたため、更新できないことから、2010年2月20日にブログを開設しました。

趣味
コンサドーレ札幌(誕生からずっと応援してます。)
合唱(高校1年生からサークル活動などで歌い続けてます。)
写真術(コンパクトカメラ⇒ニコン一眼レフ⇒デジカメ⇒デジカメ一眼と歩んできてます。)

FC2カウンター
月別アーカイブ
最新記事
アルバム
最新コメント
最新トラックバック
コンサドーレ札幌
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる